2018年 8月 19日 (日)

「ゲバゲバ90分」「11PM」の井原高忠プロデューサー死去! 引退後は米国に移住

印刷

   元日本テレビプロデューサーの井原高忠(いはら・たかただ)さんが14日(2014年9月)未明(現地時間)、米ジョージア州アトランタの病院で死去した。85歳。日本テレビによると心臓の病気を患っていたという。

   井原さんは東京都出身。慶應義塾大卒業後1954年に日本テレビに入社し、草笛光子を起用した音楽バラエティー番組「光子の窓」のディレクター、大橋巨泉と前田武彦の掛け合いが人気を集めたバラエティー番組「巨泉×前武ゲバゲバ90分」のプロデューサーを務めた。その後、一世を風靡した深夜バラエティー番組「11PM」の企画・演出も担当した。

   読売新聞によると、80年に退職後、85年にハワイへ移住し、近年は家族とジョージア州で生活していたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中