ビッグダディ「江角さんは茶目っ気のある人ですよ。でも、威圧感はあります」

印刷

   「ビッグダディ」ことタレントの林下清志(49)が9月23日(2014年)、「犬猿の仲」と噂されていた女優の江角マキコ(47)についてブログで触れた。

   2人が共演した4月7日放送のバラエティ番組「私の何がイケないの?」(TBS系)でダディのプライベートが紹介され、それに江角が苦言を呈したことで「不仲説」が持ち上がっていた。

   しかし、それは「曲解」だといい、23日まで共演していた「バイキング」(フジテレビ系)のスタッフ飲み会でのエピソードを披露した。江角の前に座ったというダディは、火曜日の番組MCを務める「EXILE」のTAKAHIROとNAOTOが場を盛り上げようと腕を組んで「イッキ飲み」を披露したとき、目の前にいた江角に「じゃあ次は我々が(イッキ飲み)やりますか」とダメ元で声をかけたとか。意外にも江角は快く応じ、「体育会系のノリで受けてくれて、腕をクロスしてイッキをしてくれた」という。これをうけ「(江角は)茶目っ気のある方」と書いている。

   「無言で正面から歩いて来られると、やはり威圧感はあります」という。ヒールの高さを含めると実に20センチ以上の身長差が出来てしまうという2人。「威圧感と言うか、存在感ですよね」と語っている。

   ブログには笑顔の江角と写るツーショット写真も公開されており、「和解」を意識づけるものとなっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中