池上彰オジサン目からウロコの「警視庁重大100事件」捜査のプロが選んだ第1位はやっぱりアレ...
<池上彰解説塾3時間 警視庁が選ぶ100の重大事件ランキング!!>(テレビ朝日系)

印刷

   テレ朝らしいお勉強バラエティ。「警視庁が選ぶ」ところがミソで、我々一般人との感覚の違いが興味深かった。どういうことかと言えば、週刊文春のスクープから世間を震撼させた三浦和義の妻殺し「ロス疑惑」が、はるか下の方の80位台なのである。一方、警察官が殉職したり不祥事に関わったりした事件は、「そんなのあったっけ」と余り記憶していないものも上位に来ていたりする。
   1位「オウム真理教事件」2位「東日本大震災」3位「あさま山荘事件」4位「三億円事件」などは順当な並びで、我々一般人と一致するし、「世田谷一家惨殺事件」も割に上位であった。こうして並んだ100の重大事件を見ると、未解決事件が結構多い。警視庁管内だけでなく全国的な統計も見てみたい。朝日新聞記者が襲撃された関西の事件など、記憶に残る未解決事件がまだ多くあるからだ。
   警視庁と警察庁の違い、特別捜査本部とは何ぞや、警察の中の部署の名前と仕事の違いなど、流石は元サツ回り記者だった池上彰の明快な説明で目からウロコ。ギャラリーの中の15歳のタレントに指名してギャップを笑う人気取りなどは不必要だが、元警察官僚だった平沢勝栄や石原良純や伊集院光らはそれぞれ的確な反応だ。人気絶頂の池上の超露出ぶりはすさまじいが、彼は全く普段と変わらず、記憶力の良さにも驚く。池袋駅で目撃するヘコヘコニコニコ歩いている、その辺のオジサンぶりを失わないのも驚きである。(放送2014年9月29日19時~)

(黄蘭)

採点:1.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中