2018年 11月 15日 (木)

高須克弥「持ち馬『イエス・タカス』の名称登録をJRAに拒否された!馬主会やめる」

印刷

   美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(69)が10月6日(2014年)、持ち馬の名称登録を日本中央競馬会(JRA)に拒否されたとツイッターで報告している。

   来月デビュー予定だったという愛馬の名は「イエス・タカス」。JRAの対応に「頭にきたぜ!馬主会やめてやる!なう」と怒りをあらわにした。

   「『むしろネタになっておいしいじゃねーか』メンツ丸つぶれだよ!おいしくない!なう」と怒りにまかせてノリツッコミまで披露している。

   「三つ候補をだせ」というJRAの要求に「イエスタカス」「イエスイエスタカス」「イエスタカスイエス」の3つを提示した高須氏だったが、結果は全て却下。「拒否理由もいわん!」と明かした。

   これに「どこがいけないのかわからないですね」「オレハマッテルゼっていう単語名もあるのに何がいけないんでしょうかね」とJRAの対応を疑問視する声が寄せられる一方、「馬名は宣伝するツールじゃないです」「特定の個人・団体名など宣伝(営利)目的のような馬名は禁止になってるそうです」との指摘も出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中