「岸辺のアルバム」「ふぞろいの林檎たち」大山勝美プロデューサー死去!久世光彦と「ドラマのTBS」

印刷

   テレビドラマ「岸辺のアルバム」「ふぞろいの林檎たち」などの名プロデューサー・大山勝美さんが5日(2014年10月)、多臓器不全のため東京都内の病院で死去した。82歳だった。大山さんは早稲田大卒業後にTBSに入社し、山田太一さん脚本の「岸辺のアルバム」「想い出づくり」など名作ドラマを送り出し、演出家・久世光彦さんとともに「ドラマのTBS」と呼ばれる時代を作った。

   TBS退職後は制作会社を設立し、「蔵」「天国までの百マイル」「長崎ぶらぶら節」などを制作した。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中