竹田恒泰「月食を見ると運勢が落ちます。見てしまった人は禊を受けてください」

印刷

   明治天皇の玄孫(やしゃご)で憲法学者の竹田恒泰(38)が10月8日(2014年)、月食を見てはいけないとブログで警告していた。

   この日、皆既月食が全国で観測されたが、竹田は日食や月食について「運勢が落ちます」「極めて不吉なもの」で、月食を見られなかった人は「守られている」と言う。

「以前、皆既日食を観た有名人は運勢を落としました。酒井法子さんは捕まり、沢尻エリカさんも事務所をクビになり、、、」
「日食と月食がどれだけ恐ろしいか、お分かりになりましたか?」

   そして9日には「月食を見てしまった人へ」というタイトルでブログ記事を更新、「(月食を見てしまった人は)神社に行くとか、桃を利用するとか、禊をするとか、いろいろな方法がありますので、ご自分に合った方法で祓って下さい」「月食を見ると運勢が落ちるということを信じるか信じないかよりも、そういう文化があったことを知って欲しいと思います」ともかいている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中