2018年 12月 14日 (金)
ただ今、J-CAST IDにログインしにくい状況が発生しており、ご迷惑をおかけしております。
現在、復旧に向けた作業を行っておりますので、ご不便をおかけいたしますがご了承ください。

竹田恒泰「月食を見ると運勢が落ちます。見てしまった人は禊を受けてください」

印刷

   明治天皇の玄孫(やしゃご)で憲法学者の竹田恒泰(38)が10月8日(2014年)、月食を見てはいけないとブログで警告していた。

   この日、皆既月食が全国で観測されたが、竹田は日食や月食について「運勢が落ちます」「極めて不吉なもの」で、月食を見られなかった人は「守られている」と言う。

「以前、皆既日食を観た有名人は運勢を落としました。酒井法子さんは捕まり、沢尻エリカさんも事務所をクビになり、、、」
「日食と月食がどれだけ恐ろしいか、お分かりになりましたか?」

   そして9日には「月食を見てしまった人へ」というタイトルでブログ記事を更新、「(月食を見てしまった人は)神社に行くとか、桃を利用するとか、禊をするとか、いろいろな方法がありますので、ご自分に合った方法で祓って下さい」「月食を見ると運勢が落ちるということを信じるか信じないかよりも、そういう文化があったことを知って欲しいと思います」ともかいている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中