人気!「食べるヤクルト」生クリーム入ってスイーツ感覚...女子社員のひと言で開発

印刷

   「食べるヤクルト」が人気だそうだ。全国のスーパーなどで20日(2014年10月)から発売された「カップdeヤクルト」(税込124円)は、見た目はヨーグルトやプリンが入っているようなカップで、生クリームが入って、デザート、スイーツ感覚のヤクルトだという。飲むヤクルト同じく、乳酸菌シロタ株も含まれている。

「デザートという形にすることで女性と接点」

   食べるタイプがあればいいのにという女性社員の一言をきっかけに開発がはじまった。開発部スタッフの梶原悦子さんは「女性がなかなか(ヤクルトを)摂取する機会がないというところで、デザートという形にすることで接点ができると考えました」という。社内の男性陣からは飲み物なのに売れるのかといった反対の声もあったそうだ。

おいしいです

   司会の羽鳥慎一「うーん、ヤクルト!。これヤクルトと生クリームです。生クリームが入ってるせいかとろける感じ、おいしい」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中