2020年 12月 2日 (水)

岩谷時子ヒット曲生み続けた「92年の幸せな生涯独身」加山雄三に100曲以上の詞とは驚いた
<昭和の歌人たち 岩谷時子>(NHK BSプレミアム)

   下手な歌手は1人も出ていない、司会者(石澤典夫と由紀さおり)が悠然としているが控え目、余計な視聴者の手紙など読まない、歌番組は本来こうあるべきをキチンと守っている。その上にセンスのある作詞家・岩谷時子の歌ばかりで1時間半が醍醐味だらけだった。驚いたのは岩谷が加山雄三の曲を100曲以上も作詞していたことだ。
   ミュージカルスターのハンサム男・石丸幹二が、およそイメージに合わないフランク永井の持ち歌の「おまえに」を歌ったのだが、これがなんと吉田正の作曲で、吉田夫人に向けて岩谷が作詞したものとか。石丸の歌唱も素晴らしかった。他に、岸洋子の絶唱で大ヒットした「夜明けのうた」は、もともとは坂本九のために作られた「集団就職などの働く若者たちへのエール歌」だったそうで、岸の曲はしゃれた都会的な愛の歌なのでイメージがまるで違って吃驚である。ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」なども岩谷特製だ。
   92歳という大往生をとげた岩谷時子は、宝塚時代から越路吹雪との仲(Sか?)を噂されたが、どうもその線はないらしい。岩谷が越路に、「作詞を頼むとお金がかかるから、私だったら只だわよ」と言って書き始めたとか。そもそも彼女は作詞に興味があり、宝塚の機関誌に詩を投稿するマニアであったという。才能が登場するキッカケはこんなものだろう。生涯独身だった岩谷は、優しい笑顔そのままの極めて幸せな成功体験をして一生を終わったに違いない。(放送2014年11月9日19時半~)

(黄蘭)

採点:1.5
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中