東尾理子「残念ながら流産。精一杯頑張ってくれたたまごちゃんにありがとう」

印刷

   俳優・石田純一(60)の妻でプロゴルファーの東尾理子(39)が12月4日(2014年)、ブログで「化学流産」を報告した。

   体外受精による第2子の妊娠を目指す東尾だが、11月23日のブログで着床の判定を受けたと報告していたが、28日のブログで「出産まではない」との診断を受けたと明らかにしていた。

   4日のブログでは妊娠後急速に分泌される糖タンパク「hcg」の値が下がり、生理も来たと報告、「ほぼほぼ化学流産と言っていいと思います」と診断されたという。

   「今回は残念だったけど、少しの間でもとっても嬉しい幸せな気持ちにさせてくれた、精一杯頑張ってくれたたまごちゃんに、ありがとうって言いました」「たまごちゃんの為にも、自分の身体作りをもっと頑張って次に繋げたい」と前向きな言葉を綴っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中