「爪楊枝投稿バカ少年」どんな罪に問われるのか?混入や万引きは偽装映像

印刷

   東京・調布市のスーパーなどで、菓子の袋に爪楊枝を刺したり万引きする動画をネット投稿していた三鷹市の19歳の少年がきのう18日(2015年1月)、滋賀県で逮捕された。少年は「少年法を改正させるためにやった」といっているが、動機は不明だ。

生活保護受給?「365日休日です。12月は15万3320円。働かなくてもいい」

   少年は警視庁から全国に指名手配されていたが、画像の投稿を続けながら浜松、名古屋へと移動し、18日早朝に米原駅に停車していた京都行き列車内で逮捕となった。

日本のバカの集約

   少年は万引きをするような映像も繰り返し投稿していたが、警察が防犯カメラの映像などと付き合わせた結果、実際は少年が自ら持ち込んだ飲み物などを持ち出して万引きを装っていたことがわかった。爪楊枝の入った菓子も発見されず、買った客もいなかった。少年の自宅から穴のあいた菓子の袋が見つかっており、偽装というより警察の誤認逮捕をねらっていた可能性がある。

   昨年暮れから80本にもなる一連の投稿はすべて同じアカウントからで、人物の特定は容易だったが、投稿は当初から挑戦的だった。「もうすぐ警察が来るでしょう」「生活保護費で逃亡します」「無能な警察」「ボクはいま、ハッシーくん(京王線橋本駅)にいます」「目標は万引きで日本一」とうそぶいていた。指名手配されたあとも、「ここは成田空港近く」「超余裕ですよ。『余裕』は流行語大賞になる」「私のニュースやってる。YouTubeのトップになった。私が日本一になった証拠ですよ」

   さらには、「休日という言葉はありません。仕事してないから365日休日です。毎日万引きして過ごしてまーす」「生活保護を受けてのうのうと暮らしています。12月は15万3320円でした。わざわざ汗水垂らして働かなくてもいい。ただでもらえるもの、もらっときゃいいんですよ」と、まともな人の神経を逆なでするようなこともいっていた。

建造物侵入のほか、威力業務妨害、偽計業務妨害、窃盗、器物損壊・・・

   少年は動画の中で自分の過去にも触れていた。2011年2月11日に新宿駅での殺人予告をして少年院に送られ、13年6月14日には博多駅で通り魔をするという動画をYouTubeにアップして、また少年院行き。現在は保護観察中だった。

   司会の加藤浩次「逮捕されてみると、気の弱い19歳の男ですよね。有名人になったように錯覚している」

   キャスターのテリー伊藤「逮捕されてよかったですよ。英雄気取りでべらべらしゃべって」

   勝谷誠彦(コラムニスト)「こんなもの(番組で)扱う必要ない。思うつぼなんだから、無視すればいい、こんなもの。模倣犯が出てくる」

   テリー「これが300万回以上見られている。だから(「スッキリ!!」は)金曜日はやらなかったんです。これを見て不愉快になる視聴者いると思う。が、何もしないわけにもいかない」

   菊地幸夫(弁護士)によると、建造物侵入はあくまで捕まえるための罪名。実際は威力業務妨害、偽計業務妨害、窃盗、器物損壊などになるだろうという。

   加藤「偽装の可能性があるんですよね」

   菊地「店にとっては、爪楊枝でも偽計・威力業務妨害にはなります」

   今後は再び少年院送致の可能性が高いという。

   勝谷「日本のバカが集約されてる。19歳と少年法、働けるのに生活保護、ネット上でああいうものが公開できてしまうことがおかしい。大騒ぎする風調やそれを取りあげるマスコミも」

   加藤「われわれも入ってる」

   菊地「彼をどうやって元に戻すかですね」

   どう転んだってつける薬はないよ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中