2018年 6月 24日 (日)

みのもんたは食傷だけど・・・食べたくなった「金沢おでん」香箱ガニ1匹まるごとの贅沢
<秘密のケンミンSHOW>(日本テレビ系)

印刷

   久々にみのもんたの番組を見た。さらに、ひな壇の岡山代表のところには次長課長の河本の姿もあった。そのうち、しれーっと東京代表として矢口真里あたりが座っているのではないかという気がしないでもない。
   それはともかく、久々に見ようと思ったのは、「祝!北陸新幹線開通直前!石川の秘密兵器!金沢おでん」という特集だったからだ。ちょうど、夕食に食べようとコンビニおでんを買ってきたところだったので、東京おでんと金沢おでんの違いでも楽しみながら食べようかなと思ったのである。そんな軽い気持ちで見たのだが。
   金沢のある石川県は、人口100万人あたりのおでん屋の軒数が4.4軒(全国平均0.5軒)で全国1位だ。しかも、「バイ貝」「車麩」「ふかし」「たけのこ」「赤巻」「里芋」「かに面」と独特のタネばっかりでビックリ。「ふかし」ははんぺんのようなもので、「赤巻」はかまぼこのようなもの。「かに面」はズワイガニのメス・香箱ガニを1匹丸ごとおでんダネにしたもので、とにかく美味しそう。食べ終わったあとの甲羅に熱燗を注いで飲むのもまた一興とか。一度は食べてみたいものだ。これを機に全国のおでんダネの違いを知りたくなった。(放送2015年1月15日21時~)

(白蘭)

採点:1
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中