2018年 9月 21日 (金)

時価300兆円!ツタンカーメン「黄金マスク」あごひげポロリ・・・作業員勝手に接着

印刷

   「値段を付ければ300兆円といわれるぐらい世界的なお宝」(司会の小倉智昭)であるツタンカーメンの黄金のマスクの『とんでもない修理』が、エジプトで大騒動になっている。

   昨年8月(2014年)、カイロの考古学博物館の職員がツタンカーメンのガラスケース内の照明を交換する作業中に、腕がツタンカーメンに触れ、細長いあごひげ部分をぽろりと脱落させてしまった。作業員はミスの露見を恐れ、無断で接着剤を使いひげを付けてしまったのだ。

観光客の投稿写真「接着剤がはみ出してる」で露見

   今月下旬(2015年1月)、観光客がSNSに投稿したツタンカーメンマスクの写真を見て、政府関係者が異変に気付いた。写真には、接着剤がはみ出ているような様子が写っていたからだ。

世界的なお宝

   「とくダネ!」が考古学博物館に問い合わせたところ、「国が調査中で、修復にどれくらい要するかは不明」という。気になるファラオの呪いについては「職員は元気なので大丈夫です。今のところは」という回答だった。

   小倉「この作業員の消息を毎日お伝えしていきたい」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中