2018年 12月 10日 (月)

多摩川河川敷・上村遼太さん殺害「殺されるかもしれない」直前に友人に助け

印刷

   先週金曜日20日(2015年2月)、多摩川の河川敷で神奈川・川崎市の中学1年生が死体で見つかった事件で、この中学生が友人に「付き合っている上級生に殺されるかもしれない」と話していたことがわかった。

   上村遼太さん(13)は衣服を付けておらず、首などに複数の刺し傷があり、凶器とみられる刃物の一部も見つかっている。犯行推定時刻の1時間後、現場から700メートル離れた公園の女子トイレでボヤがあり、衣服やクツなどが燃やされていた。上村さんのものとみられる。

   付近の防犯カメラには、その時刻に複数の男が現場へ向かう姿があったが、戻るときは1人少なかった。上村さん殺害のグループとみられる。

「万引きをしろといわれ断ったら殴られた」

   クラスメートの話では、上村さんは昨年11月頃から他校生のグループと付き合い始め、学校も欠席が多くなった。今月中旬、顔を腫らしている姿を目撃され、グループから「万引きをしろといわれ断ったら殴られた」と話し、事件直前には「殺されるかもしれない」といっていた。

大人なら刑事事件

   学校によると、今年に入ってからはまったく登校していなかった。事件の4日前に担任が電話をして登校するよういうと、「そろそろ行こうか」と答えた。

   上村さんは家庭の事情で、5歳から小学6年まで島根県隠岐諸島の西ノ島にいて、13年9月に転校してきた。中学校では部活でバスケットボールをする明るい少年だったという。ところが、昨年夏休みごろからガラのよくないグループと関わり始め、部活も休むようになっていた。

   しかし、今年に入って全休というのに、学校は型通りの家庭訪問などしかしていない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中