ワイドショー女性メイン司会の草分け「宮崎総子」死去!娘の仲代奈緒「直前まで気力あふれていました」

印刷

   ワイドショーの女性司会者の草分け的存在のフリーアナウンサー・宮崎総子さんが24日(2015年2月)、突発性拡張型心筋症で大阪府吹田市の国立循環器病研究センターで死去した。71歳だった。約10年前の人間ドッグで心臓の一部に壊死が見つかったが、普段通りに生活し、朗読劇「大切な人」にも出演していた。昨年春(2014年)に体調を崩して半年ほど入院し、今月18日に再入院した。

   宮崎さんは1966年にフジテレビに入社し、71年にフリーになってからはTBS系の朝のワイドショー「モーニングジャンボ 奥さま8時半です」のメイン司会で朝の顔として人気となり、「スーパーワイド」のキャスターなどもつとめた。

   娘の俳優・仲代奈緒は「亡くなる1時間前まで『大丈夫だよ』というほど気力にあふれていました」と語った。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中