村上春樹「学生時代から古本屋よく利用。いまも『ブック**』で半日つぶしていますよ」

印刷

   作家の村上春樹(66)が3月16日(2015年)、読者との交流サイト「村上さんのところ」で「古書」の購入について語っている。

   懐事情が厳しく、古本ばかり買っているという47歳会社員の読者から「一般に新品で流通している書籍をあえて古本で買うことに関して、村上さんはどのようにお考えですか?」という質問を受け、あっさりと「学生時代から今に至るまで、しょっちゅう古本屋で本を買っています。またよく売ってもいます」と答えた。

   そして、「それのどこがいけないのですか? 本を売ったり買ったりするのは、大事なリサイクルです。どんどんやればいいじゃないですか。悪いところなんて何もありません」と古書店の利用を勧め、「僕はよく『ブック**』で半日つぶしていますよ」と明かした。

   村上氏への質問の中で「日本の出版業界を応援したいのですが、価格の点だけは改善を希望します」とも語っていた読者だが、思わず拍子抜けしたかもしれない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中