額に包丁刺さった中年女性の焼死体!6時間前には近所の男性が殴打被害

印刷

   神奈川県湯河原町で21日(2015年4月)早朝、木造平屋建てが全焼し、焼け跡から額に包丁の刺さった女性の遺体が発見された。さらに、この火災の6時間ほど前には近くの男性が男に鉄パイプのようなもので殴られ大ケガをする事件も発生していた。

玄関のガラス割って侵入―殺害後に放火か

   火災現場はJR東海道線の湯河原駅から200メートルほどの住宅街で、一人住まいだった平井美江さん(67)が寝室のベッドで頭から布団をかぶせられ仰向け状態で見つかった。額の右側には包丁が深く刺さっており、頬にも切り傷があった。元東京都監察医務院院長の上野正彦は「寝ている姿勢のままで、頭が固定されているから骨にまで達したと思います。防御なしで刺されているという感じです」という。

   玄関のガラスが割られており、犯人はここから鍵を開け侵入したようだ。出火前に家から出てくる人影が防犯カメラに写っており、路上には駅に向かって血痕が複数あった。

   阿部祐二レポーター「近所の人の話によると、平井さんには軽度の知的障害があり、足が不自由で車いすの生活だったようです。『人に恨まれるようなことはなかった」』『民生委員が面倒見ようかというと、結構ですと断っていたということでした」

   平日はNPO法人の運営する施設に通い内職仕事をしていた。その鈴木雅之所長は「前日も午後3時半まで来ていました。とてもコミュニケーション能力の高い方で、近所付き合いも十分ありました。いつも元気でとても明るい人だった」と話している。

グレーのパーカーに黒のジーンズの20代「金持ちにはきたねぇ奴がいっぱいいる」

   その6時間ほど前、この事件現場から350メートルほど離れた民家に住む男性が男に襲われていた。男性が午前零時ごろに外に出たところ、周りを見回していた若い男が気付き小走りに逆方向に立ち去った。男性が家に戻ると、その若い男が家に入ってきて、「あんたを殺す」とすごみ始めた。男性は「『地元の人間か』と聞くと、『そうだ』『金持ちにはきたねぇ奴がいっぱいいる。小さいときに親がオレを捨てて逃げて行った。あんたから取るものねぇな』と怒鳴り始めたんです」という。そのあと揉み合いになり、鉄パイプのようなもので頭を2回殴られ、男性は30針縫う大けがをした。

   平井さん殺害との具体的な関連は見つかっていないが、警察は同じ犯人である可能性は高いと見て捜査している。逃げた男は年齢20代、身長は170センチ前後のやせ形で、グレーのパーカーに黒のジーンズをはいていた。

   大沢あかね(タレント)「物取りか怨恨かわからないですが、顔を包丁で刺すなんて尋常でないですよね。早く捕まえてほしい」

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中