2019年 5月 27日 (月)

近畿大「ウナギ味のナマズ蒲焼き」開発!見た目も食べても区別つかない!

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   近大マグロで名をあげた近畿大学が、今度はウナギに挑戦している。ただし、養殖ではなく、ウナギの味がする魚探しで、たどりついたのがナマズだった。試食したリポーターの原元美紀は「見たところはまったく区別がつきません」という。食べても「柔らかくて、ふっくらして食べやすい」

ウナギ2970円、ナマズ1780円

   近大農学部の有路昌彦准教授は「ナマズは昔から蒲焼きになっている魚で、似たような味のものを探すと、わりと早くナマズがヒットします。しかし、琵琶湖のものは脂っぽいのに、ほかでは泥臭かったりばらつきが大きいんです。おそらくエサ環境による違いだというので、実験してみました」と話す。

美味しいらしい

   ニホンウナギの完全養殖の技術は成功しているが、実用化には至っていない。

   ナマズも完全養殖が実用化している。大学院生の和田好平さんも「ウナギの代わりはこの魚(ナマズ)しかいない」という。

   近大の研究者と鹿児島の養鰻業者が取り組んだ結果は、蒲焼きにしてウナギが2970円、ナマズが1780円。ナマズはでかいから1匹で2人前とれるという。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中