中居正広「のど腫瘍」摘出手術!父親は喉頭がん「すげえDNAだと思った」

印刷

   SMAPの中居正広(42)がおととい27日(2015年6月)のラジオ番組で、のどの腫瘍摘出手術を受けたと明かした。悪性ではなく、3日間の入院を「楽しかった」と話したが、「やばいな」とも感じたいう。

   のどに違和感を感じたのは1年半ほど前だという。手術は今月初めで、医師からは「悪性なら喉頭がん」と告げられていたそうだ。中居は2月に父親を喉頭がんで亡くしており、「すげえDNAだなあ」と思ったというが、良性のポリープでDNAは関係なかった。医師によると、喉頭がんの原因はDNAより加齢、飲酒、喫煙だそうな。

「芸能生活で初めて1週間だれとも会わなかった」

   笠井信輔ニュースデスクが「私たちも気づかなかった」と経緯を説明した。5月に診察を受けて手術となったとき、医師からは「3週間はしゃべれない」と説明されたという。中居は「仕事があるからそれは無理。2週間なら?」「それも無理」というやり取りがあって、5日間の入院となった。

気づかなかった

   手術の手続きから入院まで全部1人でやって、見舞客もゼロ。だれとも会わず、好きなもの食べて、映画を5、6本見てという日々を、「芸能生活で初めて1週間だれとも会わなかった。一番楽しかったね」と語っている。しかし、こういう状況でもそばにだれかいてほしいと思わない自分ってどうなんだろうかと危惧したそうだ。

   梅津弥英子キャスター「結婚について、こういう感じでお話になることありますね」

のどの違和感は1年前から・・・良性でよかったあ!

   司会の小倉智昭「SMAPのメンバーも知らなかったというのかね」

   笠井「それについてはおっしゃってませんが、とにかく話さない5日間だったと」

   菊川怜キャスター「違和感があってから5月に診察受けるまで、時間がかかってますね」

   そう、いかに忙しいといはいっても、もし悪性だったらこの時間は間違いなく命取りになる。一緒にいる人がいたらもっと早く処置していただろう。やっぱり「やばい」よね。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中