自民党・百田尚樹暴言「新聞・テレビつぶせ」大慌てで幕引き!国会乗り切れない

印刷

   安倍首相応援団の自民党議員らの非常識で的外れなマスコミ批判発言に、党執行部は大慌てれ幕引きを図った。発言は25日(2015年6月)、作家の百田尚樹氏をゲストに招いて開いた会合で飛びだした。

   「マスコミを懲らしめるには広告料がなくなるのが一番だ。百田さんが経団連に働きかけてくれませんか」「テレビの提供スポンサーにならないことが一番こたえる」などと露骨な圧力を望む言葉がつづいた。百田氏も「沖縄の新聞2紙はつぶさなあかん」と発言したという。

谷垣禎一幹事長も困り顔!「与党政治家の責任は浅いものではありません」

   野党の追及に、安倍首相は「事実なら遺憾」と答えたが、総裁としての責任を問われると逃げの一手となった。谷垣禎一幹事長は「与党政治家の責任は浅いものではありません」と、会合を主催した党青年局長を更迭、議員3人を厳重注意にした。

どうなんでしょうか

   幕引きを急ぐ理由を、日本テレビの青山和弘解説委員はこうコメントする。「安保法制の厳しい議論が行われています。沖縄に気を使っているのに、このままでは審議を乗り切れないと政府与党が判断したためです」

   司会の加藤浩次「これはどうなのですかねえ」

   菊池幸夫(弁護士)「情けない。政治家は自分に文句を言う人に寛容でなければ。マスコミが政治権力を監視し、チェックを入れていることを忘れてはいけない。勘違いもいいところです」

   この程度の人が議員をしているということでもある。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中