<民王>(テレビ朝日系)
あの顔でひ弱な遠藤憲一カワイイ?!「父・息子」入れ替わり物語・・・深夜らしい能天気で遊び気分いっぱい楽しい

印刷

   各クールに必ず池井戸潤原作のドラマが登場しているが、この「民王(たみおう)」はちょっと異色だ。銀行業界やその周辺企業を主な舞台とするドラマが多い中で、これは政治が舞台で、しかも心と体が入れ替わる「入れ替わりもの」である。

   つまり「半沢直樹」や「ルーズヴェルト・ゲーム」その他が、「こういうこと、実際にあるんだろうなあ、その世界では...」みたいな現実感を抱かせるのに対し、完全にありえないファンタジーになっている。しかも深夜枠の自由さを最大限に生かし、嬉々として遊んでいる感じ。そのバカバカしさに入り込めれば楽しめる。

漢字読めない菅田将暉・首相のオヤジ化うまい

   内閣総理大臣になった父親・泰山(遠藤憲一)と、そんな父親を嫌って家を出ている大学生の息子・翔(菅田将暉)の心と体が、ある日突然入れ替わる。自信満々、強圧的で権力欲旺盛な泰山と、料理やネイルアートが好きで権力にいっさい興味がなく、頭も体もひ弱な翔が入れ替わる可笑しさ。お決まりとは言いながら、ディテールが作り込まれているのでけっこう笑える。

   遠藤健一があの顔で両膝を抱え、隅っこでおどおどしながら体育座りしている姿に「カワイイ」という女性の声も聞こえる。また、いかにも「女子仲間」みたいな菅田将暉が突然偉そうにふんぞり返ってオヤジ化するが、これもうまい。

   父親の顔と体で総理大臣を務めなければならなくなった翔は国会で答弁をするが、「未曾有(みぞうゆう)の危機に直面(じかめん)し」などと言ってしまう。秘書が書いた文書が読めないのだ。ここはもちろん、あの太郎氏への皮肉だろう。秘書を演じる高橋一生はクールなようで一生懸命なようで、わけがわからないところが実にいい。

   だが、そんな翔が用意された筋書きを忘れて自分の思ったように行動すると、意外にも難局が乗り切れてしまう。そういう能天気な終わり方も、深夜、明るい気持ちで寝床に入れてよい。

   とは思うのだが、ふと疑念が湧くともう眠れない。安倍首相も、もしかしたら母方の祖父さん(岸信介)と入れ替わっているのではないか。もし入れ替わるなら、リベラルだった父方の祖父さん(安倍寛)にしてもらいたいものだ。(金曜日よる11時15分~)

文   カモノ・ハシ
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中