2019年 12月 9日 (月)

「鬼怒川水害」早く逃げなかった住民が悪い?国交省擁護の大学教授に違和感

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「事業仕分けで予算削られたから強化工事に遅れ」

   気象庁、国交省などの行政、受け手の住民、三者三様に教訓を残した鬼怒川の決壊だったが、NPO日本災害情報サポートネットワークの渡辺実理事長が次のような根本的な指摘をした。「観測史上初めてとか、記録的なとか、全国いたるところで自然災害の規模が大きく変わっています。これが大災害を生む根本だというふうに考えるべきでしょうね」

   山田教授「鬼怒川はだいたい300ミリの降雨量で設計されています。それが600ミリですよ。見直しはずいぶんやっているが、事業仕分けで予算を削られてしまった。そこも反省してもらわないと。堤防そのもののお金はさほどかからない。倍以上かかるのは用地買収ですよ」

   なんだか、このセンセイ、お役所を擁護しているばっかりだった。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中