男児死亡の新潟「ズンズン運動」初公判!「極めて軽率」と禁固1年求刑

印刷

   「アトピーに効く」などといって、幼児に「ズンズン運動」と称する奇妙な施術をほどこし死亡させた事件の初公判が、きのう26日(2015年10月)に新潟地裁であった。いったんは不起訴をなったが、検察審査会が「起訴相当」とした。同じような事件は大阪でもあり、こちらはすでに有罪判決が出ている。

姫川尚美被告「私の無知と傲慢。大変申しわけない」

   子育て支援のNPO法人を主宰していた姫川尚美被告(58)は、おととし新潟・上越市で行った施術で男児を窒息状態にさせ、顔や手の色か変わったのを見た母親が「おかしい」と叫んでも施術をやめなかった。容疑は業務上過失致死だ。

親の気持ちは・・・

   ズンズン運動は幼児の身体を揺すったり首をねじ曲げたり、エビ反りにして、「好奇心と免疫力をはぐくむ」と称していた。DVDなどでは「夜泣き」「アトピー性皮膚炎」「ダウン症」にも効くとうたい、各地で出張セミナーもしていた。

   裁判で検察は「きわめて軽率なもの」として禁固1年を求刑した。姫川は「私の無知と傲慢で尊い命を亡くしてしまい大変申しわけない」と謝罪した。弁護側は最終弁論で被告の過失責任を認めたうえで、執行猶予を求めた。判決は来月19日。

   ただ、この事件の経緯はちょっと複雑だ。男児が死亡したのは2013年2月だが、新潟県警は11月に書類送検したものの、地検は「嫌疑不十分」で不起訴にしている。ところが、昨年6月(2014年)、姫川が大阪市で行ったセミナーで生後4か月の男児の胸を圧迫し死亡させたとして大阪府警に逮捕された。

   直後に新潟検察審査会は新潟のケースを「起訴相当」と議決。再捜査が行われた。大阪地裁が8月に「禁固1年、執行猶予3年」の判決を言い渡すと、その日に新潟地検は姫川を再逮捕し起訴した。

危険性見逃した新潟地検

   逮捕される前、姫川は「私は医学的知識があるでもなし、子どもを見て症状を把握できる能力があるわけでもない。できる範囲のなかで最大限やってきただけ」と話していた。新潟の初公判で検察のいう「軽卒」とは、このあたりを指すらしい。

   また、大阪の事件では、死亡した男児の両親が慰謝料など賠償を求める訴訟を起こしている。

   司会の夏目三久「アトピーなどに効果があると信じて子どもを預けた親の気持ちを思うと・・・」

   沢松奈生子(元テニスプレーヤー)「娘も3か月くらいの時になかなか寝なかったんです。親御さんたちの何かにすがりたいというのもわかりますけど、こうなるといたたまれないですよね」

   野村修也(弁護士)「これ、新潟の件で当初検察がしっかりと起訴していれば、大阪の事件は起こらなかった可能性があります。検察官の中に、有罪にできる事件だけを起訴しようというものがあるなら、反省すべきだと思いますね」

   こんな頼りないものにでも子どもの命を託そうという親の気持ちに応えるものが、ほかになかったのだろうか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中