「顏はぎ取り殺人」同居男性が「とくダネ!」にしゃべった!片目だけ開いてた

印刷

   東京福生市のマンションで起きた男性の顔の皮膚が剥がされ、鼻が切り取られていた事件で、第一発見者の同居人の男性(28)が「とくダネ!」の電話取材に応じた。「(遺体を)ちゃんと見ていないんです。袋かぶって片眼だけ開いていたんで、片目しか見られなくて」など、発見当時の模様を話した。

   殺害された土田芳さん(38)はもとは女性だったが、性同一性障害で性別適合手術を受けて戸籍上は男性になった。同居人の男性とは養子縁組を結び、同性愛関係だった。

「ケンカ続いたが、切っても切れる人ではない。嫌いなことはなかった」

   男性はこう話す。「事件を受け止め切れないんです。本当に犯人を捜してほしいというだけです。12日朝は飲んで帰って寝ちゃった。夕方4時半に起きて、1回携帯を見たあと、また1時間ほど寝た。そのあと起きたとき、(土田さんは)出かけたのかなと思ったが、でもカバンがあるし・・・。お風呂に入ろうと思ってタオルを取りに行ったらハッって」

不可解すぎる

   そのとき、土田さんの顔は見たのか。

「見ていないんですよ、ちゃんと。袋かぶっていて、片目だけ開いていたんです。片目しか見られなくて、慌てて119番に電話して。びっくりし過ぎて、目がおかしいなと思って」

   今年に入って、2人がケンカをしているところを近所の住民がたびたび目撃しているが、男性は「ケンカが続いたのは確かです。原因は些細なことです。ケンカして家を出たことはあっても別れることはなかった。切っても切れる人ではなかった。きらいなことはなかった」と話している。

性別適合手術で女性から男性に

   2人が一緒に治療を受けていた病院の医師は、「被害者の人は生まれたときは女性で、男性ホルモンを注射していました。もう一人の方は、いわゆるニューハーフという見た目で、戸籍上は男のままだったので、女性ホルモンの注射をしていました」と話す。

   警視庁よると、司法解剖をしても死因は不明で、切り落とされた顔の皮膚や鼻、刃物は発見されず、何者かが持ち去った可能性があるという。室内には血痕の散乱もなく、荒らされた形跡はないなど、犯人に結びつく手掛かりは見つかっていない。

   司会の小倉智昭「不可解すぎて、どう判断、評価していいかわからないですね」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中