<1年前のワイドショー>高倉健「突然の訃報」病床の姿見せたくない・・・最後まで貫いたダンディズム

印刷

   高倉健が去年(11月10日)に死去し、1週間後の17日に公表された。悪性リンパ腫で闘病中だったが、関係者でも死去を知っていたのはほとんどいなかった。ワイドショーもまったくの突然の訃報に、大急ぎで追悼特集を組んだ。

   <高倉健の座右の銘「往く道は精進して...」比叡山高僧から贈られた阿弥陀仏の言葉>(TBS系「あさチャン!」)、<富山刑務所訪問の健さん「私ほどみなさんと同じユニホームで演じた俳優いない」>(日本テレビ系「スッキリ!!」)、<ひと言ひと言が格好良かった高倉健「できもしないことを夢見るんですよ...」>(フジテレビ系「とくダネ!」)、<健さんが本気で怒ったあの瞬間「プライバシーを言われるのは本意ではありません」>(「スッキリ!!」)とエピソードをかき集め、いかに知られざる素顔を紹介できるかの競争となった。

   今年はNHKは高倉主演の映画6本を放送するなど、異例の1回忌特集を組んだ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中