2018年 9月 19日 (水)

ジョニー・デップ「ハリウッドで最も儲けにならない俳優」ギャラ1ドルあたり興行収入1ドル20セント

印刷

   「フォーブス」誌が発表した2015年の出演ギャラが高すぎた俳優ランキングで、ジョニー・デップが1位に選ばれた。映画「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」「トランセンデンス」が振るわず、ギャラ1ドルあたり1ドル20セントの興行成績しかあげられなかった計算になるという。

   たしかに、最近のデップは美貌の衰えが目立ち、ひところのような輝きが失せたとの声も多い。不自然にふっくらした頬はボトックス注入施術が疑われ、ネットでも論議になっていた。

クリス・エヴァンスは1ドルあたり181・1ドルと超お得

   一方、安いギャラで映画を大ヒットさせ、製作側にとって最もお得だった俳優1位はクリス・エヴァンスで、1ドルのギャラに対し181.80ドルを稼ぎ出したという。

Noriko Fujimoto

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中