丸山和也議員「珍論」に国会唖然!米国51番目の州になれば日本から大統領出せる

印刷

   参議院憲法審査会できのう17日(2016年2月)、自民党の丸山和也議員が「日本がアメリカの51番目の州になることについて憲法上のどのような問題があるのか」「いまアメリカは黒人・奴隷が大統領になっている」などと質問して、激しく批判された。

奴隷の子孫のオバマだってなれたんだから・・・

これが改憲論?

   司会の羽鳥慎一「そもそも何を言ってるのかよくわからない」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「会の様子を見直してみたんですけど、日本がアメリカの州になると、日本から世界の覇権を持つような国の大統領が出せますよ。そんなことはありえないとみなさんは思うかもしれないけど、ちゃんと奴隷の子孫でも大統領になってるんですから、ってな主旨なんです」

   羽鳥「アメリカはそれぐらいダイナミックな変革をする国なんですよ、という意味ですかね」

   玉川「奴隷制度がなくなって大統領が生まれたのはプラスのことだが、憲法を変えるのはプラスとは限らない。たとえがおかしいですよ」「憲法が不磨の大典とは思わないが、いろんな政治家の発言が出ていますが、この人たちに(改憲議論を)やらせていいのかというのはほんと疑問です」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中