薬物常習だった植松聖!自宅からも大麻・・・裁判では精神鑑定が争点に

印刷

   相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で45人を殺傷した植松聖容疑者(26)は、友人の話によると「1年ほど前から薬物を使用していることは聞いていた」という。障害者に対する異常な言動が目立つようになったのもこのころで、薬物の影響があったのかが事件の重要なポイントになりそうだ。

   植松は今年2月(2016年)、措置入院のための検査でも尿から大麻の成分が検出されている。自宅の家宅捜査でも植物片のようなものが付いた袋が発見され、分析の結果、大麻だったことが分かっている。

大麻検出されたのに「措置入院」たった10日余りのおかしさ

   司会の小倉智昭「これ、裁判の時に弁護側から精神鑑定とかが絶対出てくるでしょうね」

弁護側が要求

   新潮社出版部長の中瀬ゆかり「それを考えただけで腹立たしいんだけど、措置入院させられていたにもかかわらず、10日間で出てきてしまった。いろんなサインを出しているみたいな人物をどうしたら止められるか、考えないといけないですよね」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中