高倉健ドキュメンタリー映画「モントリオール世界映画祭」最優秀作品賞

印刷

   「俳優の高倉健さんの映画が最優秀作品賞を受賞しました」と宇垣美里アナが伝える。2014年に亡くなった高倉健の人生を追った映画「健さん」がカナダ・モントリオール世界映画祭のワールドドキュメンタリー部門で、最優秀作品賞を受賞したという。

   映画はハリウッド俳優のマイケル・ダグラスや山田洋次監督をはじめとする、国内外の著名な俳優や監督など20人以上にインタビューをしている。映画の中で健さんは「どんなに大声を出しても、伝わらないものは伝わらない。言葉は少ないほうが、むしろ伝わるというふうに思っています」「漫然と生きるのではなく、一生懸命、生きる男を演じたいと思います」と語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中