山口勝平「師匠。そっちでもう、かべさんに会えましたか?」スネ夫役の肝付兼太を悼む

印刷

   アニメ「ドラえもん」(1979~2005年シリーズ)の「スネ夫」役や「おそ松くん」の「イヤミ」役で知られる声優の肝付兼太が10月20日(2016年)、肺炎で死去した。声優仲間らはツイッターなどで哀悼の意を表している。

   「名探偵コナン」の工藤新一役などで活躍中の山口勝平は「師匠。おつかれさまでした。覚悟はしてても、思いがけないさよならだったから今でも信じられないけれど、今日までホントにありがとうございました」とツイッターを更新した。「そっちでもう、かべさんに会えましたか?」と、同期間の「ドラえもん」で「剛田武(ジャイアン)」役を務め、2015年6月に死去した声優・たてかべ和也に触れた。「春になったら約束通り日光に行きましょうね。 そしてまた来世で一緒に、芝居やりましょう」という言葉を贈っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中