2018年 9月 21日 (金)

平幹二朗「死去」でも注目集まらず 月9「カインとアベル」、初回下回る8.6%

印刷

   「月9」ドラマの「カイルとアベル」(フジテレビ系)の第2回が24日(2016年10月)放送され、平均視聴率は8.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。主人公の祖父役で出演中の俳優・平幹二朗が23日に死去し、初回よりも注目が集まると見る向きもあったが、初回の8.8%を下回った。

   主演は、ジャニーズグループ「Hey!Say!JUNP」の山田涼介。注目度こそ高かったが、初回の視聴率は15年の「恋仲」が記録した9.8%の過去最低記録を更新していた。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中