平幹二朗「死去」でも注目集まらず 月9「カインとアベル」、初回下回る8.6%

印刷

   「月9」ドラマの「カイルとアベル」(フジテレビ系)の第2回が24日(2016年10月)放送され、平均視聴率は8.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。主人公の祖父役で出演中の俳優・平幹二朗が23日に死去し、初回よりも注目が集まると見る向きもあったが、初回の8.8%を下回った。

   主演は、ジャニーズグループ「Hey!Say!JUNP」の山田涼介。注目度こそ高かったが、初回の視聴率は15年の「恋仲」が記録した9.8%の過去最低記録を更新していた。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中