現役「スネ夫」役が「先代」悼む 「あたたかい言葉で背中を押して下さった」

印刷

   アニメ「ドラえもん」(1979~2005年シリーズ)の「スネ夫」役の声優・肝付兼太さんが死去し、現在の「スネ夫」役を務めている声優の関智一(44)が10月24日(2016年)、ツイッターで哀悼の意を表した。

「尊敬する先輩が旅立たれました。役を継がせて頂いたあの時、あたたかい言葉で背中を押して下さいました。以前拝見したマイク前のあの背中。僕には間違いなく無邪気な子供のそれに見えました。以来、憧れの背中に指先だけでも触れられるよう大きな目標になっています。肝付さんお疲れ様でした」

   関は2005年の番組リニューアルで肝付さんから「スネ夫」役のバトンを引き継いでおり、ツイッターには「関智一さん、亡き先輩の思いを継いで頑張ってください」と応援する声が寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中