島谷ひとみ 目が点になった栃木・那須塩原の珍麺「エエッ、これが焼きそばなの!?」

印刷

   <羽鳥慎一のモーニングショー「ワンダふるさと」(テレビ朝日系)>栃木県は「焼きそば県」だっていうことを知っていました? 県内に焼きそば専門店が100店舗もあって、それぞれの街に一風変わった・・・というより、かなり変わった焼きそばがあるのです。たとえば、宇都宮は餃子で有名ですが、ここでは焼きそばに目玉焼き乗せが定番で、足利市はジャガイモ入り、栃木市は中華麺ではなく日本そばで焼きそばを作ってしまいます。

ラーメンのスープをぶっかけ

   なかでも、歌手・島谷ひとみさんがリポーターとなって那須塩原に出かけ、「エエッ、ウソでしょ」と目を丸くしたの焼きそばがありました。どんな変わり焼きそばなのでしょう。行列のできる店「釜彦」で焼きそばを注文すると、店員さんが「つかっている方? つかってない方?」と聞いてきます。意味がわからないまま、「つかっている方」を注文すると、運ばれてきたのは、おやおや、丼のスープにつかた麺でした。いったい、これはなんでしょう。

   さっそくすすった島谷さんは「ああ、焼きそばにスープかけちゃったの。信じられない」

   焼きそばにラーメンのスープが注がれたものでした。「焼きそばの味がするスープなんですけど、食べたらもっと焼きそば」と島谷さんはわけわからないことを言っています。50年前、出前で焼きそばを注文をした客が、ラーメンのスープも注文したのですが、すぐこぼれてしまうので、だったら一緒にしちゃえばこぼれにくいということで始まったそうです。

羽鳥慎一も長嶋一茂も絶句

   スタジオで試食が始まりました。コメンテーターの長嶋一茂さん(スポーツプロデューサー)は「スープはしょうゆだ。ラーメンのスープとは違うね」といい、司会の羽鳥慎一さんは「たしかに、ラーメンのスープではない。醤油味が強いスープです。麺は焼そば」

   島谷さん「ちょっと置いておくと、味がマッチしてきます。那須塩原にお出かけのときはぜひお試しください」

   どうやら、日本そばのかけのおつゆに近いものに焼きそばが入っているということでしょうか。那須塩原は紅葉も終盤です。急いで出かけてみようかしら。(2016年10月28日あさ8時)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中