2018年 9月 24日 (月)

長嶋一茂の珍説「隕石は宇宙人が地球人とキャッチボールしたくて投げてくる」

印刷

   アメリカのフロリダ州などで21日(2016年11月)、夜空にナゾの光る物体が飛行し、150件以上の目撃報告が寄せられた。光は徐々に強くなり、強烈な光を放ちながら落下しているように見え、最後に周辺は昼間のような明るさになったという。専門家は地球に接近して爆発した隕石ではないかと見ているそうだ。

   長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「宇宙人がキャッチボールしたいんでしょ。地球の人と」

   司会の羽鳥慎一「隕石ってのは、宇宙人のキャッチボールなんですか」

   長嶋「ボクはずっとそう思ってましたけどね」

   羽鳥「じゃあ、投げ返さないといけないですね」

tv_20161125123803.jpg

似顔絵 池田マコト

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中