東芝原発部門の暴走進めた国策「原発輸出」 安倍首相と今井秘書官には説明責任

印刷

   「綱川社長が3月29日に記者会見を開きWH(原発メーカー、ウェスチングハウス)の破産法申請と同時に、その処理で赤字が最大一兆100億円になると発表。2年前だったらビックリしたかもしれないが、これまで数々の問題が起きて数千億円単位の損失などが明らかになったからだろう。危急存亡のときに立たされても、もはや驚愕しなくなった自分の感覚は、完全に麻痺している」

   これは週刊新潮に掲載されている東芝30代社員の「トホホな転職活動日記」からの引用である。筆者は有名国立大学を出て、当時勝ち組中の勝ち組で旧財閥色も薄い自由な社風だと感じた東芝に入った。支社勤務を経て本社の企画部門に「栄転」した中堅社員で、独身。年収は700万円台だったが、ボーナスカットにより2年間で100万円近く減っているという。

   日記では、次々に去っていく同僚がいるが、転職ができるのは引く手あまたの技術職で、彼のような企画畑では転職先もなかなか見つからないと悩みを綴っている。

   1月には東芝京浜事業所品質保証部の社員が、水力発電機器の安全検査データをねつ造していたことが報道された。2月にはWHの幹部が、米国で建設中の原発を巡り、部下に建設費の圧縮を指示していたことが発覚し、原子力事業を統括する会長と、社内エネルギー部門のトップが退任した。

   そのトップ、ダニエル社長が部下に出したメールが転送されてきた。それを読んだ彼はブチ切れる。

   「"短い間でしたが、みなさんと一緒に仕事ができて幸せでした"と。ふざけるな。お前と志賀会長が"チャレンジ"と称して、部下に圧力をかけたんだろう。同僚の話では、ダニーの給与は億単位だとか。この泥棒猫!」

東芝の「暴走機関車」と経産官僚の思惑

   東芝を倒産近くまで追い込んだのはWHを買収したことがきっかけだった。これは国策であり、東芝の「暴走機関車」と呼ばれていた原発事業担当者と経産官僚出身で資源エネルギー庁次長を経て現在、安倍の首相秘書官である今井尚哉が推し進めてきたはずだ。

   その結果こんなことになったのだから、安倍も今井も説明責任を果たせと週刊文春が報じている。

   筆者はジャーナリストの大西康之。彼はある東芝社員のビジネスダイアリーを入手した。これは東芝電力システム社の主席主監だった田窪昭寛のもので、東芝の原子力畑を歩み、06年のWH買収では現場を取り仕切っていた。

   WHを手に入れた田窪は、東芝製原発の海外輸出という目的へと突っ走る過程で、やはり原発輸出事業を推進していた今井と接近していったという。

   「特に、3・11以降、新規の原発受注にブレーキがかかる中、トルコやUAEのプロジェクトは東芝にとって、大きなビジネスチャンスだった。そこで、田窪氏はキーマンである今井氏に接近したのです」(田窪と今井の関係をよく知るA)

   手帳には頻繁に今井の名前が出てくる。ディナーを一緒にしたり、帝国ホテルのフランス料理店で朝食を取りながら、田窪は今井の協力を得て、安倍首相に進言してもらったという。

原発輸出戦略に乗った安倍首相

   週刊文春によれば、アベノミクスの成長戦略である「第三の矢」に悩んでいた安倍は、今井の原発輸出戦略に乗ったのである。

   「田窪氏の口癖は『国策だから』。周囲が『本当に大丈夫か』と不安視する案件でも、佐々木社長の後ろ盾があり、今井氏とも繋がっている彼に『国策だ』と言われると、誰も言い返せません。財務部門もストップをかけられなかった」(東芝関係者)

   当時の社長の佐々木は、原発事故以降も「原発をほしがっている国はいっぱいある」と強気で、田窪が持ち込む資源投資案件にも相次いでGOサインを出したそうだ。

   東芝の幹部たちの先を見ない愚鈍経営と、安倍首相とその側近が、東芝崩壊という大惨事を招いたというのは、真実であろう。

   文春のいうように、東芝は福島第一原発の廃炉という役割もあり、社員が17~8万人もいる日本を代表する大企業である。巨額赤字や粉飾決算にもかかわらず、潰せないため、公的資金(血税)の注入も検討されているといわれる。

   東芝はもちろん、安倍首相と今井秘書官にも、国民に「原発輸出事業は失敗だった」と説明する義務があることは、いうまでもない。

「文春砲」元SMAP香取慎吾の"家族"とらえた!

   今週の「文春砲」は、元SMAP香取慎吾(40)の"家族"についてである。

   3月5日、後楽園遊園地・東京ドームシティアトラクションズに香取の姿があった。一緒にいるのは中学生ぐらいの少年。モノクログラビアに後楽園のゴンドラに2人して乗り、香取が自分と少年を自撮りする写真が載っている。

   どこにでもいる父と子供という風情だ。だがなぜ週刊文春は香取の子供と書かずに「謎の少年」としたのか。

   香取が2歳年上の彼女との「熱愛」をフライデーで報じられたのは97年早々。その年の6月には、彼女との「婚前旅行」も同誌で報じられている。

   当時、彼女は会社勤めをしながら歌や踊りのレッスンをしていた「アイドルの卵」だったという。フライデーが報じる2年ほど前から交際していて、香取はテレビ局に、彼女の家から出かけることもあった。

   香取は祖母の葬儀にも彼女を同伴し、香取の両親が経営していた雑貨店でも働いていたそうである。事実婚のような状態だったのだろう。だが、05年に、2人は横浜市鶴見区の一軒家から六本木のマンションに引っ越してしまう。そのころこんな噂がファンの間で流れたという。

   「慎吾に子供ができた」

   そして熱愛報道はぴたりと止み、それから10年以上ツーショットが撮られたことはない。だが、昨年3月末に、ハワイで香取が少年と一緒に歩いている写真がツイッターに上げられた。

   彼女とは事実婚ではなく、結婚しているのではないか。少年は2人の子供で、SMAPが解散して時間のできた香取が、子供と一緒に後楽園へ遊びに行き、ファンに気づかれても気軽に握手していたそうだ。

   だが、ジャーニーズ事務所に、この件を問い合わせても「結婚の事実はない」と答え、香取本人を直撃しても無言。

事務所の対応の差が招いたSMAPの解散?

   香取を可愛がっていた元マネージャーの飯島に聞いても、彼女のことは知らない、子供はいないでしょと否定した。

   香取が彼女と暮らし始めた頃、アイドルが同棲や結婚するなど、事務所ではご法度だった。木村拓哉が工藤静香とできちゃった婚を発表したのが00年11月。だが、香取には好きな彼女がいることも、結婚したいと公言することも許されなかった。

   SMAPの解散を強く主張したのは香取だった。結婚を公表したキムタクへの「思い」もあっただろうが、自分たちの仲を公にできない事務所への長年の不信もあったのではないか。

   週刊文春は「二十年以上に及ぶ"悲恋の物語"に終止符を打つことができるか」と結んでいる。香取、君ならできるはずだ、できるとも。

   今、香取は新規の仕事のオファーを受けていないという。彼は絵が得意で、芸能界を引退してアーティストとして生きていくという見方もあるようだ。

不倫発覚した渡辺謙「後日、きっちり話す」

   週刊文春ばかりになって恐縮だが、先週の「渡辺謙のニューヨーク不倫」報道のその後である。4月1日に硬い表情で成田空港に着いた渡辺は、事務所の堅いガードに守られてゲートから出てきた。

   週刊文春が問いかけると、渡辺はボソッとこう答えたという。

   「後日、きっちり話をさせてもらいます」

   渡辺との仲を週刊文春に漏らしたと思われる不倫相手は、「今でも謙さんのことが好きで、『別れるつもりはありません。このまま関係を続けたいんです』と話し、会見で彼がどう説明するのか心配しています」(彼女の幼馴染み)

   それはあまりに身勝手ない分ではないかと思うのだが。 

   週刊現代で芸能事務所関係者が渡辺をこう評している。

   「いまは真面目でクリーンなイメージですが、もともとは女好きで、しかも惚れっぽくて冷めやすい。Aさんとも温泉旅行に行ったり、最初は盛り上がったのだろうと思います。Aさんもホステスをやめるほど謙さんに夢中になって、周囲にも交際を話してしまった。おそらく謙さんはだんだん距離を置こうとしたが、Aさんは別れたくなかった。その男女のズレが、不倫が明るみに出るきっかけとなったのでしょうね」

   同じ関係者が、文春が発売された後、渡辺は彼女を責めず、自分の責任だとして、きちんと関係を清算しようとしているという。映画で彼が演じる主人公のようだが、実生活ではなかなかそうはいかないのではないか。かつて週刊現代のインタビューに渡辺がこう答えていたそうだ。

   「彼女(南のこと=筆者注)は真っ赤なマグマ。こっちも焦げるのを覚悟で付き合わなくてはいけませんから大変ですよ」

   そのうえ女は執念深い。謙さん、大変だねと、声をかけてあげたくなる。

籠池氏の「手紙」を「翻訳」したのは誰?

   さて、証人喚問以来、あまり表に出なくなった籠池泰典森友学園前理事長だが、その代わりといっては何だが、ジャーナリストの菅野完が、週刊朝日で籠池のいい分の正しさと、安倍首相の、この事件を葬り去ろうという画策に「NO」を突き付けている。

   菅野は、問題になっている昭恵の秘書、谷からのFAXだが、それと突き合わせて読むとよくわかる籠池が昭恵側に出した「手紙」についてこう書いている。

   「冒頭の挨拶や自己紹介、依頼内容の概要など、手紙らしい内容は一切ない。ただただ要求内容が羅列されるだけ。『籠池氏が何をしている人か』『なんでこんな手紙を送りつけてきたのか』という予備知識がなければ、到底、理解できるような代物ではない。しかしながら、これに対する返答である谷氏からのFAXは、予備知識のない人間であれば読解不可能なはずの『籠池からの手紙』を見事に読み込み、その要求事項の全てに遺漏なく的確に返答しており、先述のように『工事立替費の次年度での予算化』という『籠池の要求』を完全に満たす回答まである」  

   菅野は、ここまで円滑なコミュニケーションが成立するためには、谷に解説する人間が必要で、それは、籠池が留守番電話に吹き込んだといい、自身のフェイスブックでも認めている、昭恵が担当したと考えるのが自然だろうといっている。

   昭恵が籠池の要求を受け、それを財務省に伝えろと谷に指示を出した。

   「これでは政治家が行う『陳情処理』や『口利き』と全く同じではないか」(菅野)

   昭恵の土地取引への関与は誰の目にも明らかだという菅野の主張は、私にも理解できる。

   これまで、政府、与党側から、この問題で資料が出されたことはない。議論の検討材料になる資料はことごとく籠池側から提示されたものばかりである。

   それにもかかわらず、安倍や菅官房長官のいい分は「苦しいいい訳に過ぎない」(同)。それは安倍が、妻と私が関わっていれば、総理も議員も辞めるといってしまったため、すべてを籠池の狂言にしなくてはならなくなったためである。

   「たかだか首相一人のプライドを守るために、政府高官たちが嘘に嘘を重ね、国家を溶解させていく姿は見るに忍びない。もうゲームオーバーだろう。首相、いい加減、諦めなさいな」(同)

   大阪地検が捜査を開始したが、東京地検特捜部の元検事、郷原信郎弁護士は、こう語っている。

   「籠池氏は証人喚問でも、一貫して昭恵氏から100万円をもらったと語るなど政権には大きなダメージを与えた。そんな意を法務省が"忖度"し、告発状を受理したとリークしたのではないか。補助金は返還しているので通常は捜査しても起訴はありえない」

   むき出しの国家権力を使って、一市民をひねり潰そうというのは、あってはならない。

   籠池の人間性や信仰心はともかく、ここで安倍の横暴を止めないと、日本は北朝鮮よりも言論弾圧がひどい国になる。

   森友の次は加計学園への安倍関与疑惑がある。共謀罪審議をたった30時間で終わらせ、成立させようとしている安倍政権を止めるためにも、メディアにはより一層頑張ってほしい。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中