捜査1課長・香川照之のドアップ顔に辟易 他の役者も見てみたい!
〈小さな巨人 第1回〉(TBS)

印刷

   「半沢直樹」の成功で味をしめたTBSが、男社会の対立の構図をドラマに作ること作ること。今回は警視庁捜査1課と102ある所轄の刑事との対立の構図を、例の顔のドアップ的演出で描く。将来は捜査1課長間違いなしの出世頭だったのに、飲酒運転かと咎めた男に「車を傷つけられた」とネット投稿されて、所轄に飛ばされた強行班1係長だった香坂真一郎(長谷川博己)が、管内の誘拐事件の後方支援に回され、所轄の名物刑事(安田顕)らと共に事件を追う。

   「半沢直樹」以来、TBS御用達のような香川照之は出世頭の小野田義信現捜査1課長を演じる。彼は香坂を引き立てた味方かと思っていたら、実は敵らしくもあり、彼に加えて、元捜査1課長(春風亭昇太)や現1課長の運転手を務める香坂の元部下・山田春彦(岡田将生)などが入り乱れて話が始まったばかり。

   背が高くてカッコいいイケメンの長谷川博己は、泥臭いイメージの所轄刑事には違和感があるが、元捜査1課ということで許す。それよりも、大河ドラマ「おんな城主 直虎」で今川義元を演じた昇太がこの中では警察署長だ。落語で食えなくなったから役者か?  まさか。下手ではないけど他に本物の俳優はいないのかと情けない。

   香川照之の芸達者も認める。しかし、こういつもいつもドアップ顔ばかり続けて見せられると、いささか辟易する。テレビプロデューサーたちの怠慢である。仏の顔も3度だ。他の役者も見てみたい。
   (放送2017年4月16日21時~)

(黄蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中