キャスター富川悠太もの足りない!「SMAP解散」キムタクにもっと突っ込め
〈報道ステーション 桜の下で木村拓哉〉(テレビ朝日)

印刷

   先日の週刊誌報道で富川悠太がMCになって以来、「報道ステーション」の視聴率が下がり気味であると知った。そのためのテコ入れ企画かもしれないが、満開の桜の下で、木村拓哉と富川悠太が語り合った。木村はもともと色黒だが、映画のロケで焼けたのか顔が黒くて、そちら方向の人のようだった。彼ほどの大スターでも、有名キャスターとの1対1は緊張するのだろう、盛んに唇を舐める。
   話の中で興味深かったのは、「大晦日にNHKホールにいなかったこと」が1番の印象だそうで、そういえば、SMAPは大晦日に何十年も紅白歌合戦に出ずっぱりだったのだ。そこですかさず富川が「SMAP解散」について本人に突っ込めばいいのに、ただ頷いているだけ。富川は穏やかなニコニコ好青年であることは認めるが、余りにも鋭さに欠ける。コメンテーターの後藤謙次も穏やかだが発言は時に辛辣で鋭い。富川の当たらず触らずが物足りなくて視聴者が逃げている面もある。古館伊知郎のトンガリぶりも幼稚だったけど、はっきり言ってこの新MCは、まるで春霞のように印象が薄い。
   先の「A LIFE~愛しき人~」で外科医に扮した木村拓哉が、普通の短髪にしていたので今回も短髪のままだったが、デカ面を強調する結果になっても、キムタクはやっぱり長髪が似合う。打ち合わせなしで「何でも聞いてください」と答えた肝の据わり方なら、もっと突っ込んだ話が聞けたはず。やっぱり富川では物足りない。
(放送2017年4月18日21時54分~)

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中