あなたのプライバシー筒抜け!日本にも導入されていた米NSA諜報プログラム

印刷

   ロシアに亡命しているアメリカの元CIA職員エドワード・スノーデン氏は、新たに国家安全保障局(NSA)の機密文書を公開し、日本に言及したものも13通あった。文書は2013年のもので、「日本の情報機関のサイバーセキュリティー技術は初期段階にある。NSAは日本の諜報活動支援にXKEYSCORE(エックスキースコア)など諜報プログラムを提供している」とある。

   スノーデン氏は東京の横田基地で2年間ほど諜報活動をしていたことがあり、NHKのインタビューにも日本語を交えながら応じた。日本に対しては「一言いいたい」と言う。「日本は市民のプライバシーと自由を大切にしている素晴らしい国です。しかし、報道の自由度の順位は下がっている。知る権利が保障されて、初めて自由で開かれた社会といえるのです」

   「日本政府は(プログラムを)知っているのでしょうか」という質問には、「それを暴露できる立場ではありません。発信はジャーナリスト次第です。いえるのは、素晴らしい質問だということ」と答えた。

メール、ネット閲覧、GPS、ATM利用・・・すべて丸裸

   NSAの通信傍受拠点は世界に500か所あるという。世界中の海底ケーブル、ネット、個人電話、GPS、メール、ATM利用、ネット閲覧履歴などの情報が収集される(メタデータ)。大手インターネット企業からの情報もある(プリズム)。XKEYSCOREはスパイのGoogleと言われる強力な検索・データベースだ。個人名やキーワードを入力するとあらゆる情報が出てくる。さらに個人のパソコンやスマホにアクセスして、遠隔操作でカメラを起動させて盗撮、盗聴も可能といわれる。

   NSAの元上級分析官、トーマス・ドレイク氏は「日本用に特別に組み替えたバージョンを提供しているはず。そこで得た情報は分析され、アメリカと共有される。これは同盟国の中で日本の立場がワンランク上がるということです」と話す。

   NSAの技術部門のトップだったウイリアム・ビニー氏は「XKEYSCOREには光と影がある」という。「脅威となるターゲットのあらゆる情報をデータベースから引き出せます。このアクセスは日本にも利益になりますが、運用を誤ると際限のない監視につながり、民主主義を破壊しかねないウイルスになります。もう誰にもプライバシーはありません」

防衛省「コメントを差し控える」

   XKEYSCOREは本当に提供されたのか。NHKの問い合わせに、防衛省は「コメントを差し控える」と沈黙した。慶応大大学院の土屋大洋院教授は「日本の信号解析(SIGINTシギント)は、法的制約もあってネットやデジタルに弱いんです。XKEYSCOREが提供されているというのなら、日米同盟はうまくいっているとも言えます」という。情報収集は必要だというわけだ。

   しかし、ジャーナリストの池上彰氏は「為政者はツールを持つと何でも集めたくなるもの。警察のNシステムがいい例です。だから、国民の側から監視するシステムを作らないといけない」と警告する。

   プライバシーとセキュリティーのバランスは難しい。土屋教授は「イギリスのようにテロにあった国ではセキュリティーが重視される。一方、ドイツのように政府の行き過ぎに警戒心の強い国もある」という。日本はどうか。政治テロには無縁の国だけに、何かあった時に極端に走るのが怖い。それでなくても、今の政府は走る構えだから。

クローズアップ現代+(2017年4月27日放送「プライバシーか?セキュリティーか?~スノーデン"日本ファイル"の衝撃~」)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中