日本一お洒落な電車「みなとみらい線・東横線」小島奈津子が途中下車してご案内

印刷

   <ぶらり途中下車の旅(日本テレビ系)>横浜と渋谷を結ぶみなとみらい線・東横線は日本で一番おしゃれな電車路線かもしれません。沿線のお店やフードも流行の最先端をいきます。駅名も馬車道なんて素敵です。そこから5分も歩くともう港で、90年前に建造された帆船「日本丸」の前にアナウンサーでタレントの小島奈津子さんがいました。

   「でも、ここでのお目当てはこれではないんです」

   スカイダック横浜に乗ろうというのです。スカイダックはタイヤとスクリューが付いた水陸両用観光バスで、陸と海から横浜港を周遊します。乗り込むとビニールのレインコートが手渡されました。バスはガラス窓が取り払われたオープンなつくりになっているのですが、雨が降ってくるようなお天気ではありません。はて、これはなぜ?

   と、横浜開港記念館などを巡ったあと、バスはいよいよ水上へとスロープを滑り降りていきます。ザブ~ン! このとき水しぶきが勢いよく飛び散ります。レインコートはこのためだったのです。びしょぬれになった小島さんは「海から見る横浜港は、陸からとはまったく違って見えます」

   停泊中の豪華観光クルーザー「飛鳥Ⅱ」を海上から見上げると、おおきなビルのような威容に圧倒されます。

ただのジャムじゃないよ。コンフィチュールだよ

   馬車道通りを歩いていると、ちいさな看板に目が留まりました。「旅するコンフィチュール」とあります。「詳しく知らないんですけど、フランス語でジャムのことじゃなかったかな」(小島さん)

   入ってみると、はたしてジャム屋さんで、甘い香りがいっぱいに広がっていました。オーナーの違(ちがい)克美さんが何度もフランスに通っているうちに覚えた味を、ここで手作りしているのです。ジャムといっても、素材をさまざまに組み合わせて複雑な味を作っています。たとえば、イチゴとバルサミコ酢。さっそく試食した小島さんは「さわやかです。いわゆるイチゴジャムというのではなく、バルサミコのコクがじんわりと口の中に広がっていく感じ」

   杏とアーモンドのコンフィチュールもお買い上げで、1びん650円でした。

   新高島駅で途中下車して、幻の焼きもの眞葛焼のミュージアムにも寄ります。京都の窯元・宮川家の香山が明治になって横浜で始めたもので、花瓶や壺に人、鳥獣、虫などを施し、そのリアルさに世界の陶磁器コレクターは驚嘆し、多くは海外に流出してしまいました。これを回収して展示しているのが眞葛焼ミュージアムです。彩色も鮮やかで、素人目にもアート性の高さがわかります。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中