窓を閉めていても「女性の大声聞えた」と隣人 福岡・小郡の母子殺人事件で新証言

印刷

   福岡県小郡市の住宅で母子3人が殺害された事件で、母親の中田由紀子さん(38)の遺体近くに練炭らしいものがあったことがきのう7日(2017年6月)までに新たにわかった。心中に見せかける偽装工作か。

無理心中ではなかった

tv_20170608110145.jpg
 

   司会の加藤浩次「事件前夜に女性の大声が聞こえたという情報もあります」

 

   中田さんは1階台所であおむけに倒れ、目立った外傷はなかったという。9歳と6歳の子どもは2階寝室の布団にうつぶせで、首に絞められた跡があった。当初は無理心中と見られたが、福岡県警は司法解剖の結果、殺人事件として捜査本部を設置した。

 

   死亡推定時刻は、中田さんが6日午前零時から9時、子ども2人が零時から5時までの間。警察官の父親(38)が6時45分に出勤し、9時10分に近くに住む姉が「妹が自殺している」と通報した。

 

   周辺には市役所や警察署、商店もある住宅街。阿部祐二リポーターが「気になることがあります」と伝える。事件前夜午後10時ごろに女性の声を聞いたという近所の住民が「窓を閉め切り、テレビをつけていても聞こえた」と話したことだ。中田さん宅の隣にはマンションがあり、この声が中田さん宅からかどうかはわからない。普段は閉まっている2階の窓が開いており、玄関の鍵もかかっていなかった。

 

   阿部「複雑な様相が強まっています。外部侵入の有無に捜査は絞られそうです」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中