2018年 9月 21日 (金)

海老蔵「麻央のスープ作り」自宅療養なのでお医者さんに任せっきりにしたくない

印刷

   有働由美子キャスターが「きょう(2017年6月8日)から『トビコミ!』コーナーが始まりました。出演者は飛び込み、視聴者からの質問も飛び込み。これにどんどん答えていただきます。第1回の出演者は・・・」と紹介したのは、歌舞伎役者の市川海老蔵だった。なぜ海老蔵が緊急生出演なのかという説明はないまま、話はやはり乳がんで闘病中の妻の麻央さんにいく。麻央さんはいま自宅療養中で、海老蔵はカレーやスープを作るのだと話す。

   「麻央の体調もあるので、食べられるものをと思って、スープで栄養をいっぱい入れようというわけです。ごぼう、かぼちゃ、いも、きのこ、しょうがなどをザクザク切って、2~3時間クツクツ煮るだけなんですけどね。クタクタだねなんて言って、喜んで食べてくれます」

   あっけらかんとノロケるのだが、麻央さんの病状を考えると、海老蔵の必死さがうかがえる。「いま在宅ということなので、治療のことも僕が把握して、全部やらせてもらっています。お医者さんに任せていると、わからないことが出てきます。酸素の替え方とか。任せっきりは嫌です」

   有働「麻央さんとはどんな話を・・・」

   海老蔵「なるべくそばにいようと思っているんです。でも、大丈夫だよとか、きっと良くなるよという言葉は、ときに罪になります。明確な現実を共有する。そこから二人で考えようということにしています」

   海老蔵はつらい覚悟を明るく語る。

大河ドラマ「おんな城主 直虎」18日放送から織田信長演じます

   トークはようやく歌舞伎の話になった。7月3日からの「七月大歌舞伎」に『駄右衛門花御所異聞』をかけるという。チラシには「市川海老蔵 堀越勸玄 宙乗り相務め申し候」とある。親子でワイヤーの宙づりの演技をやり、またこの演目の公演は170年ぶりとあって、歌舞伎ファン、海老蔵一家ファンには楽しみだろう。

   さらに、有働は18日放送の大河ドラマ「おんな城主 直虎」で海老蔵が織田信長を演じていると伝える。なあんだ、海老蔵の生出演は、七月歌舞伎の告知と視聴率がいまひとつの大河ドラマの宣伝のためだったのだ。

カズキ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中