小出恵介「ひと晩で5回。2回は中出し。最悪でした」淫行相手の女子高生暴露

印刷

   フライデーが俳優の小出恵介(33)が17歳の女子校生と飲酒&SEXをしたと報じたことで、ワイドショーが大騒ぎである。フライデー(6月7日午前7時03配信)はこう書いている。<小出に関係を迫られた、17歳のA子さんが「その日」を振り返る。

   「9日の夜11時ごろ、知り合いに『小出恵介と飲んでるからおいで』と、ミナミのバーに呼ばれたんです。私が17歳ということは、小出さんは間違いなくわかっていました。私が到着したとき、知り合いが『この子17歳やで』と、小出さんに紹介してましたから」

   このバーで1~2時間ほど飲んだ後、小出から「二人で飲みに行こう」と誘われたA子さんは、戎橋(通称「ひっかけ橋」)近くにあるバーへと案内された。

   「ヤバいかも、と思ったのは、深夜3時ごろに2軒目を二人で出た後でした。ひっかけ橋の上で、キスしながら欄干に押し付けられたんです。私はワンピースだったんですけど、裾をめくり上げて服を脱がそうとしてきたので、『アカンよ!』と必死に止めました」

   「有名人に会える」と、ミーハー気分で飲み会に参加したことを後悔したA子さんは、帰宅しようとタクシーを止めた。しかし乗り込んできた小出に、宿泊先のホテルへ有無を言わさず連れ込まれた。

   「そこからは本当に最悪でした。部屋に入った途端に迫ってきて・・・」

   6時間以上にわたって「17歳の身体」を弄んだ小出は、一晩で5回。そのうち中出し2回とA子が赤裸々に語っている。

   事務所と小出はお詫びと未期限の俳優活動自粛を発表した。彼女はインスタグラムに、自分がフライデーに売り込んだのではない、謝礼も受け取っていないと書き込んでいる。たとえ、彼女が売り込んだのだとしても、小出には非難する資格はないが。

   人気俳優の橋爪功(75)の長男で俳優の遼(30)が覚せい剤所持容疑で逮捕されてしまった。皮肉なことに、父親主演の映画「家族はつらいよ2」が封切られたばかりであった。父親は活動を自粛すると発表したが、そこまでやる必要はないという声が上がっている。私もそう思う。

   週刊新潮は、遼が6年前に都内にある男性同性愛者たちが出会いを求める「有料ハッテン場」にいたところを、警察に踏み込まれたことがあったと報じている。今回の逮捕の時も、中年の男性と一緒だったとニュースで聞いて、おやと思ったものだった。

   功が45歳の時に生まれた子供だ。私にも40歳の時の息子がいるからわかるが、親にとっては孫のように可愛かったことだろう。その息子が30年後に「家族はつらいよ」と父親を嘆かせることになるとは。子育ては難しい。

潮目が変わった日米トップ!トランプ・安倍「支持急落」の兆し

   アメリカと日本で、大統領と首相が身内の叛乱で追い詰められている。8日(2017年6月)、トランプに首を切られたコミー前FBI長官が<米上院情報特別委員会の公聴会で「ロシア疑惑」について証言した。トランプ氏がフリン前大統領補佐官への捜査を「やり過ごして欲しい」と求めたと明かし、「大統領の指示」と受け止めたと語った。ロシアが昨年の大統領選に介入したのは疑いがないとし、トランプ政権はコミー氏解任の理由などについてウソをついていると批判した>(朝日新聞6月9日付)

   日本でも、前川喜平前文部科学省事務次官が加計学園の獣医学部新設計画を巡り、内閣府から「総理の意向」などと"圧力"があり、やり取りの文書が残っていると告発した件で、ようやく松野博一文科相は追加の省内調査をする方針を表明した。

   昨夜(2017年6月8日)の「報道ステーション」はおもしろかった。"冷血動物"菅官房長官が、定例会見でしどろもどろになったのだ。前川の言っている文書はあるのか、文科省は調査しないのかと女性記者(どこの社だろう、すごい迫力だった)が質問攻めにして、さすがの菅も薄ら笑いを浮かべるしかなかった。このままでは世論が沸き立ち、支持率が急落すると菅は考えたのだろう。文科省に調査を命じたのだ。

   日米2人の元高官の告発が時の政権を揺さぶり、崩壊させるかもしれない。2人に共通しているのは、自分を切った人間への恨みからではなく、FBIと文科省を為政者の理不尽なやり方から守りたいという切なる思いである。

   週刊ポストは、山本七平の「『空気』の研究」をベースに、これだけ不祥事が出てきているのに安倍内閣の支持率がなぜ下がらないのかを特集している。都合の悪い文書が公表されると「怪文書みたいなもの」と頭ごなしに否定する。告発した人間のスキャンダルをメディアに流し、ダメージを打ち消す。批判的なコメンテーターをポチ・コメンテーターにすげ替える。国論を二分する原発再稼働、沖縄の米軍基地移転、憲法改正などは、反対派の批判を受けても半分の支持は得られる。メディアもポチと反に分断するなど、これまでは空気を巧妙に支配してきた。

   安倍のようなトップでも、現状を維持していてくれればまあいいかという、消極的支持の国民が多かったということだろう。その空気も確実に変わりつつあることは間違いない。

「痴漢の冤罪」から逃げられるか・・・現場警察官は女性の言い分鵜呑み

   6月6日(2017年)、無理やり女性の体を触るなどしたとして、強制わいせつ容疑で電通社員の高橋知也容疑者(29)が逮捕された。このケースは路上で起きているから情状酌量の余地はないのかもしれないが、電車の中で痴漢だと女性にいわれ、線路に飛び降りて逃げるケースが多発している。

   私などは始終足がふらついているから、電車の揺れで倒れそうになり、近くにいる女性の体に触ってしまうことが起きるかもしれない。そうした時、女性によってはわざと体に触ったと叫び、駅員に引き渡されることがあるかもしれない。どうしたらいいのだろう。目撃者を探せ、駅員に引き渡される前にそこを立ち去れ、弁護士に連絡しろというが、なかなかできるものではない。

   警察に引き渡されれば、場合によっては何日も拘束され、冤罪だとわかっても、サラリーマンなどは会社をクビになり家庭も崩壊してしまうことだって起こり得る。「痴漢は犯罪」だということはわかっているが、こうしたとき、警察はまず女性側に痴漢行為が実際にあったのかどうかをしっかり事情聴取してから、男の話を聞いてみるべきではないか。どうも痴漢に関して男は端から「推定有罪」と見られている気がする。

   週刊現代が報じているケースでは、逃げた男が悪いとしても、痴漢行為といえるのかどうか、私は首を傾げたくなる。5月11日にJR京浜東北線の車内で痴漢を疑われた男性が、JR上野駅の駅員室から逃亡し、近くのビルの屋上から転落死してしまったそうである。男は40代、都心にある超一流ホテルの支配人で、真面目な仕事ぶりで、そんなことをする人では絶対ないとそのホテルの従業員が語っている。

   本人が亡くなっているため真偽はわからないが、週刊現代が書いているように、30代の女性が寝ている横に坐った男が女性の手を触り、女性から「何で手を触ったんですか」「触っていない」と口論になった。上野駅で一緒に降り、男は断固否定していたが、客たちに取り押さえられ、駅員に引き渡されてしまった。何かの拍子に彼女の手に触れたのかもしれない。手を触ったぐらい、と私は思うのだが、件の女性には痴漢行為と感じたのであろう。

   男は駅員の目を盗んで逃げ出し、追い詰められて思い余って飛び降りたのか、飛び移ろうとして誤って落ちてしまったのか。真面目な人間だったため、ここで捕まったら人生の終わりと考えたのかもしれない。このケースが冤罪だったといい切る根拠を私は持たないが、こうした悲劇をなくすために、鉄道各社は何らかの手を早急に打つべきである。

有働由美子アナ「年下彼氏」とうまくいってるらしい・・・いまは結婚で騒がれたくない

   NHKの有働由美子アナが5歳年下、静岡県内で空調設備会社をやっているカレと付き合っていることはよく知られている。だが、このところ有働は、彼と別れたようなことをいっているらしい。それならと週刊ポストが張り込んだら、一緒にいるところをパチリ。

   有働は理事待遇であるエグゼクティブアナウンサーに昇格するかどうかという話があり、そのため結婚報道で騒がれたくないからだという「見方」があるようだ。48歳だが、そのうちNHK会長にでもなるつもりか。

   週刊現代によれば、松本人志というのはお笑い界の"天皇"だそうだ。その松本に、オリエンタルラジオの中田敦彦がかみついたと報じている。脳科学者の茂木健一郎が、日本のお笑い芸人は権力者に批判を向けたお笑いは皆無だと批判したところ、松本の出ているテレビに呼ばれ、いじられたそうである。

   それを中田が公開処刑だと批判すると、2人が所属している吉本興業が大騒ぎになり、松本に謝れと中田はいわれたが、「僕も覚悟をもってやってますんで」と一歩も引かないというのだ。

   何のことはない、吉本の上層部はダウンタウンのマネージャー経験者たちで占められているから、松本を批判する奴は許さないと、忠誠を見せるためのようだ。こういうのをアホらしいというのだろう。日本のお笑い芸人が権力批判などできないのは、誰でも知っていることである。

   松本程度の人間を「天皇」にしてしまっては、松本自身にもよくない。まだまだ芸を磨かなくては、すぐに忘れられるぞ。

「食べログ」信用ガタ落ち!有名店から接待受けてたカリスマ投稿者

   食べログというのがある。私も時々利用するが、場所や営業時間の確認するためで星の数など気にはしない。だが、週刊文春によれば、星の影響力は絶大で、「激戦区では星が三・五以上か未満かで月間売り上げが数千万円違う場合がある」(都内飲食店経営者)という。

   その食べログでカリスマレビュアーといわれる「うどんが主食」というのがいるそうだ。四国出身の50代男性で、小さなビルメンテナンスの会社の社長だ。これまで2000件近いレビューを食べログに投稿してきたという。その彼が高評価したステーキ店「ウェスタ」のオーナーや、「うしごろ」という焼き肉店の社長、EXILEが経営する焼き鳥屋「鳥佳」と親しく付き合い、接待を受けていると週刊文春が報じている。

   それだけではない。気に入らない店は罵倒したり、中韓や東南アジアをさげすんだ差別発言を書き込むことも多いというのだ。もちろん食べログにも「口コミガイドライン」があり、無料接待を受けて飲食した場合は「通常利用外口コミ」にチェックをして投稿しなければならないという。

   だが、この御仁、そんなことはしていない。食べログにはこの頃、評価の仕方や加盟しないと評価を落とすといったなど、いろいろな疑問が報じられている。このままでは、所詮ネットだからとユーザーからそっぽを向かれてしまうと思う。最近、店を探すと食べログが上位に上がってこないことが多くなっている気がする。信用回復策を講じなければ、これまでのようなおいしいことはできなくなる。

腰痛、睡眠時無呼吸症候群、高血圧、うつ病・・・原因は枕だった

   やはり週刊文春が「理想の枕の選び方・作り方」という特集を組んでいる。枕外来(枕芸者ではない!)というのもあるそうで、枕ひとつで、腰痛、睡眠時無呼吸症候群、高血圧、うつ病が治ることもあるそうだ。

   枕は寝返りを容易に打てるものでなくてはいけない。それには高さ、硬さ、微調整が必要だという。低反発素材は頭が沈み込むのであまりよくない。年を取ると枕を高くすることで寝返りがしやすくなるそうである。

   手作りできる。毛足が短くて硬い素材の玄関マットを3つ折りにして土台にし、その上にたたんだタオルケットを載せるだけ。最初は高さを7センチ程度にして、寝返りを打ってみて、首を大きく曲げることなく転がることができればOKだと、神奈川県相模原市の「16号整形外科」の山田朱織医師が教えてくれている。

   私は飲酒&ハルシオン派だから、寝ると同時にカラスカーで夜が明ける。カミさんは起きると肩が痛い、腰が痛いと愚痴っているから、こうした枕をこしらえてゴマをするか。夕食の品数が一品増えるかもしれない。

   【蛇足】今週は競馬の予想ではない。先週の「安田記念」は、策士策に溺れたルメールの乗り間違い。前回と同様、前に馬を置き、直線で間を抜こうと考えていたのだろうが、前が空かずに万事休す。外を回していたら何とかなったのではないか。

   ところで、朝日新聞が「ラブドール」についてかなりの紙面を割いていた。<男性向けラブドールの展覧会「今と昔の愛人形」が盛況だ。会場のギャラリー「アツコバルー」(東京・渋谷)には、男性だけでなく、女性も多く訪れる。近年、性をめぐる展示に若い女性の姿が目立つ。性へのまなざしが変わってきたのだろうか>(6月7日付)

   昔はダッチワイフといっていた。少し前に週刊ポストがやっていたが、生身の女よりよさそうだ。週刊ポストによれば、アンダーヘアは1本1本植え付けるそうだし、挿入用のホールはシリコン以上に柔らかいエラストマー素材を使っている。広さや締め付け具合も4種類そろえているという。

   価格は1体約60~80万円するそうだが、1体置いておけば楽しめそうだ。生身のように文句をいったり、1回ごとにカネを要求することもない。欲しくなってきた。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中