2019年 12月 11日 (水)

<屋根裏の恋人>(フジテレビ)
「東海テレビ×大映テレビ×中田秀夫監督」の超相乗効果!
ツッコミ所満載でクセになるドロドロ恋愛・ホラードラマ!

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

芝居がクサすぎる今井翼

   ちなみに、先ほどの天井からの血は、結局ネズミが天井裏の釘に刺さっただけだったのだが、この天井裏に、主人公・衣香が18年前に別れた男・瀬野樹(今井翼)が、借金取りに追われてるから匿って欲しいと言って勝手に居座るようになるのだ。この今井翼の演技が、異様に芝居がかっていて、妙にクセになる。

   例えば、衣香の誕生日で、17回目の結婚記念日なのに、旦那も娘も息子も、誰も帰ってこないシーン(旦那は不倫か浮気している)。衣香が一人でしっぽりとスペアリブを食べていると(この時点でなんだか笑えるが)、天井裏からバイオリンの音色が。そう、樹である。衣香が屋根裏に来ると、「ハッピーバースデー」に曲をチェンジ(笑)。「誰かに気がつかれたら」と衣香に言われると、樹はこう返す、

   「誰も気づきはしない。」「世の中に忘れ去られたものが集う、それが屋根裏だから」。 唐突に一体何!? という感じだが、こんな、樹の、もはや演説のようにも聞こえる、まくしたてた変なクサい台詞が何度も出てくるのが、間違いなくこの作品の魅力の一つだろう。

   「東海テレビ×大映テレビ×中田秀夫監督」というのを正に体現していて、ツッコミ所満載な上、ホラータッチで独特な質感のドラマで、気になって見てしまう。今後のストーリーも、衣香と樹が再び愛し合うようになり、更に家族のあんなこんな秘密や、樹の謎が描かれていく。要必見だ。

(フジテレビ 6月3日(土)夜11:40放送)

鯖世 傘晴

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中