車椅子の男性に自力でタラップ登らせたバニラエア 奄美空港でのむごい仕打ちに非難

印刷

   格安航空会社(LCC)のバニラエアが奄美空港で、車椅子の男性客に、自力でタラップを登るよう強いていたことがわかった。男性は関西空港でも一旦「搭乗拒否」されたが、同伴者が運ぶということで奄美入りし、その帰りの便でのこと。同空港に車椅子用のタラップがないためだというのだが......。

   ことが起こったのは今月(2017年6月)5日。車椅子の木島英登さん(44)が、同行した知人たちの助けで搭乗しようとしたところ、バニラエアの職員に「規則違反です。危険なのでやめてください」と言われた。同社の社内規定では、タラップでは車椅子ごと運ぶことも、体を抱きかかえることも、禁止されている。

後ろ向きでズリ上がった

   木島さんはやむなく、車椅子を降りて17段のタラップを後ろ向きで1段づつ、腕の力でズリ上がった。無論バニラエア職員は手を貸さず、友人も「手伝ってはいけない」と言われ、見守るしかなかったという。

   木島さんはその2日前の3日、奄美入りしていたのだが、出発地の関西空港の受付カウンターで、奄美空港には介助型のタラップがないと、写真を見せられて、「上り下りできますか。歩けない人はこの飛行機には乗れないんですよ」といわれていた。

   木島さんは、同行者が手助けすると伝えて搭乗。奄美では実際、友人らが車椅子ごと担いで降りていた。ところが5日に「待った」をかけた職員によると、3日の行為も規則違反になるということだ。規則では確かにそうなる。

   バニラエアでは、介助が必要な人は、搭乗日の5日前までに知らせるよう、HPに記している。しかし木島さんは連絡をしなかった。いつもそれで通してきたからだという。「事前に連絡すると、体よく断られたりする。面倒なんですよ」というのが、木島さんの経験則だ。

   今回の件でバニラエアは、「付き添いの方に支えられて、自力で昇降できればということで、ご案内させていただいた。車椅子ごとというのは想定しておりませんでした」と謝罪した。

   「付き添いの支え」もダメとされたはず。でなければ、友人がおんぶしていくこともできた。木島さんは、「困っている人を助ける社会というのは、誰にも回ってくる。(それがないと)生きづらい社会になる」という。

29日から「階段昇降機」を導入

   航空評論家の杉江弘氏は、「先進国ではまずありえない。聞いたことがない。車椅子は20年も前から急増しているのだから、それを前提に設備を備えるべき」という。バニラエアは今日(29日)から奄美空港に「階段昇降機」を導入するという。11月には新しい搭乗口ができ、直接デッキから搭乗できるようになる。

tv_20170629121004.jpg

   規則は各社によってかなり違う。スカイマーク、ピーチ・アビエーションでは、車椅子ごと担ぎ上げたり、手助けしたりすることができる。 JALは「同意があれば、抱きかかえるなど補助」ができる。(ANAは全ての空港でリフト車、昇降機がある)

   小倉智昭「規則の問題じゃなくて、困った人がいた時、周りがどうしてやれるのかということでしょ」

   車椅子の評論家、乙武洋匡氏は何度も木島さんと同じような目にあっているという。「職員はルールに従っただけで、責められるべきではない。しかし、ルールと設備は、『障害者差別解消法』に反するものだ」という。この法律では、国交省は「障害があるという理由だけで、搭乗を拒否してはならない」との方針を出している。

   小倉「車椅子を降りて、腕だけで登っている姿を、黙って見ている方が怖いな。どうして手を貸してあげられなかったかと、誰でも思うでしょう」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中