卓球ホープ「平野美宇」鍛えた自立育児の仰天!オシメも自分で取り換え

印刷

   世界卓球選手権の女子シングルスで、48年ぶりの銅メダルを獲得した平野美宇選手(17)の母親の真理子さん(48)が、子育て法をまとめた「夢を育て自立を促す子育て日記~美宇は、みう」を出版した。

   赤萩歩アナ「本のタイトルの『美宇は、みう』はどう決めたんですか」

   真理子さん「美宇が『第二の愛ちゃん』と言われ始めたころ、『私は第二の愛ちゃんじゃない。美宇は美宇なんだ』とインタビューに答えた言葉から取ったんです」

母親が子育て本「お弁当を作ってあげたことない」

   仰天するのは、自立させるための育て方だ。「私はお弁当を一切作らないんですよ。小学校に上がった時から、子どもだけで作っています。最初は怖かったですよ。ジャガイモとかリンゴとかの皮のむき方を教えました」

   オムツも自分で用意させはき替えさせたというから驚きだ。教えればけっこう出来るようになるという。そうした自立子育てが奏功し、美宇はトップアスリートに成長したが、リオ五輪の代表から外れる挫折を味わった。「それまでの卓球人生の中で、一番のドン底を味わった美宇は大変だったと思うけど、家族も辛かった」という。

   その挫折の中で転機が訪れる。「リオ五輪から帰って来て、家族で卓球やったんです。いつも私はビデオ係なんですが、美宇が『ママ、卓球やろうよ。一緒に打とうよ』と声をかけてくれたんです。えーって、何かすごくうれしくて涙が出ました」

   そんなことがバネになり、美宇選手も練習にも熱が入り快進撃が始まった。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中