豊田真由子「この人はカネになる」「こっちはダメ」名刺並べて支援者値踏み

印刷

   自民党の豊田真由子衆院議員の罵詈雑言、乱暴狼藉はあきれるほかないが、リポーターの岸本哲也が地元からさまざま顔を伝えた。去年(2016年)の埼玉・志木市の祭りでは白の法被の下にピンクを着込んで、笑顔で神輿を担いでいた。地元の人は「決して威張らない」と話している。しかし、愛想の良さの裏にこんな顔もあった。

   2012年に初当選後、挨拶に来た人たちの名刺を並べ、「これは金になる」と別にし、「これは金にならない、ピョーン」「友達だけどいらない、ピョーン」と、大勢の前でカルタ取りのように選り分けたという。ニコニコと握手しながら値踏みしていたわけで、その場にいた人たちは人間性を疑ったという。

罵詈雑言は豊田流ストレステスト

tv_20170630155653.jpg

   秘書を土下座させたり、きつい言葉で罵るのは、実はテストだという資料があった。秘書がどれだけ耐えられるかという豊田流「ストレステスト」だったというのだ。「やっぱりやめちゃいましたね」とグループLINEのメッセージもあった。

   司会の小倉智昭「100人も辞めたというね」

   岸本「あれは言い過ぎ。実際は2、30人」

   豊田議員は離党届を出して入院してしまったが、自民党はまだ預かったままの状態だ。離党届を受理すればそれがまた話題になって、都議選にマイナスに働くと扱いに困っているのだろう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中