偉大なレーサーが人生をリスタート ちょっと疲れた人におすすめ
<カーズ/クロスロード>

印刷

   色あざやかなカートゥーンムービーが観たくて足を運んだけれど、期待以上の満足感だった。今回のテーマは、老いと引き際。過去2作品で、華々しくデビューし、圧倒的な実力でスター街道を走ってきた主人公・マックィーン。彼が走れば客席が埋まり、チャンピオンでいることが当たり前......しかし世代交代は突然に訪れた。統計データを片手に科学的なトレーニングを積み、最高に効率的な走りを追求してきた新世代の台頭により、マックィーンはレースに勝てなくなる。

   偉大なスターだった、レーシング界の功労者、そう囁かれ、やっきになったマックィーンは、シーズン終盤に大クラッシュ。スクラップ寸前からの再起にかけることになる。しかし、これまで通りの急加速に荒っぽいハンドリング、身体能力に物を言わせた走りを磨こうとするマックィーンだが、思うようにスピードはあがらない。昔馴染みのスポンサーも資金不足から新興勢力へ身売り、歴戦の旧友も次々引退、気持ちを焦らせる出来事ばかりが続き、自信を失っていく。

   老いを認めて!変わらないと!と、新世代のトレーニングを押し付けてくるトレーナー・クルーズとの相性も最悪。イエスマンしか隣に置きたくないベテラン選手そのもののマックィーンの姿に、こちらまでハラハラする。だが、砂浜での自主トレや危険な無法レースでの経験を通じ、クルーズはマックィーンのハートの強さを、マックィーンはクルーズの走ることへの一途な憧れに気づき、2人はともにトレーニングに取り組むことになり......。

   ハイライトは、引退をかけた最終レースでの、マックィーンの判断。天啓のように降りてきた、そしてしっくり体に馴染んだ、「自分はそのためにここに立っているのだ」という深い納得感。選び取った結末は、シンプルな大勝利でも、手痛い敗走でもなかった。どれだけがむしゃらに頑張っても結果が出ない苛立ち。あらゆる助言を取り入れても、ついてこない体。じくじくとこちらの胸も痛くなる。しかし、驕っていただけで、初心に戻って練習に取り組んだら調子も戻ってハッピーエンド!というわかりやすい結末を選ばなかったことで、物語に血が通った。

   十分にハッピーエンドだ。できすぎている。現実はもっと苦い。そんな声もあるかもしれない。けれど、子供を惹きつけながらこの主題を消化するという点では、充分すぎるほどの及第点。背伸びして理解できるスレスレを、楽しい娯楽の中に埋め込むことが、自分で「感じた」「想いを汲んだ」経験になる。

   前作までのストーリーが分からなくても、随所に散りばめられる回想のおかげで置き去り感はありません。夏の夜にガラガラのレイトショーで見る、人生のリスタート。疲れたとき、ちょっとうまく行かないときにおすすめです。

            

オススメ度☆☆☆

ばんぶぅ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中