今井絵理子「ホテルお泊まりしたけど一線は越えてない」神戸市議と密会報道

印刷

   自民党の今井絵理子参院議員(33)が妻子のある橋本健・神戸市議(37)と「略奪不倫」していると、きのう27日(2017年7月)発売の「週刊新潮」で報じられた。新幹線の車内で手を握り合い、今井議員のマンションや大阪のシティホテルに2人で宿泊したという。

   今井議員は元アイドルグループ「SPEED」のメンバーで、聴覚障害児を持つシングルマザーだ。比例区で初当選した去年の参院選で応援され橋本市議と知り合ったという。「自民党が大変な時に私事で足を引っ張りお詫びしたい」「軽率な行動を深くお詫びします」と謝罪を繰り返す一方、「一戦は越えておりません」「略奪不倫ではありません」とも強調した。

   妻と別居し離婚調停を申し立て中という橋本市議も、「略奪、不倫といわれ困惑」としながら、交際を申し込んだことは認めた。「一線」については「妻帯者であり、きちんとけじめをつけてからと考えました」(今井議員)、「夜通しで部屋にいたことはあるが、何回かはカウントしていない。もともと勉強会からはじまったことで、私なりにレクチャーし、学ばせていただいた」(橋本市議)と、お泊まりも政治の勉強だったとしている。

離婚調停中でも不倫は不倫

   ネット上では「信じる人がいるだろうか」「男とデートした時点で国会議員としての一線を超えている」といった声が多い。「スッキリ!!」コメンテーターの菊地幸夫(弁護士)は「離婚調停中であることと、他の異性と交際していいこととはイコールではありません。宿泊でホテルに入って、ドアをパンとしめたら、裁判所ではもう言い訳は通りません」

tv_20170728115118.jpg

   山本由樹(編集者)「大人の出会いだとは思うが、議員として公務に差し障っていないか、政務費を使っていないか、そのへんはどうなのか。政治家としては疑問ですね」

   菊地「今井議員は先方の妻子に迷惑をかけてごめんなさいと言わなければいけない」

   たしかに、詫びる相手は自民党よりもまずほかにある。

   司会の加藤浩次「いやな思いをする人間がいる恋愛はダメだよ」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中