2018年 8月 14日 (火)

不倫発覚の中川俊直・衆院議員に厳しい主婦の声 3カ月ぶりの弁明に「あんなのウソよ」

印刷

   妻以外の女性とウエディング写真を撮っていた不倫発覚から3カ月間も国会に出ずに姿を消していた中川俊直・衆院議員(47)がおととい29日(2017年7月)ようやく公の場に出て、心境などを語った。「ビビット」がワイドショーファンの主婦8人に集まってもらうと、厳しい意見が続出した。

議員辞める気はない

tv_20170731113230.jpg

   中川議員は広島での後援会の会合後に記者会見したのだが、なぜ今なのか、3カ月間何をしていたのかを聞かれて「政治利用されたフシがあったので、私の思いを最優先させられなかった」「心身とも著しく故障していた」と語った。さらに、自民党を離党しただけで議員辞職しないのかを問われると「生き恥をさらそうとも身を粉にして働いていきたい」「(後援会で)頑張れと決めていただいた」と、辞める意思がないことを涙声で強調した。

   これに対して、集まった主婦からは「えー」「あんなのウソよ」「今ごろ泣いたって間にあわない」などの反応が出た。

   夫人との仲を聞かれた中川議員が「話が簡単にできる状況ではありませんでした。食事も持ってきてもらえず、3日間、5日間と放ったらかしでした」と話すと、40代の主婦から「当たり前よ、図々しい」、50代からは「なに甘えてるのかねえ」の声があがった。

   中川議員の「妻とようやく話をして、手をつないでもらいました」には、「やだやだ」「受けつけないよ」「こんなの、いらない」「言い訳ばっかり。こういう人が政治家をしていることが許せません」

   さらに、ほれやすい性格かとたずねられた中川議員が「小さい頃から多くの人が好き、動物が好きでした」と応じたことには「女性が好きと言えば」「動物と女性を混同していて、わけがわからない」と批判が噴き出した。

   司会の国分太一「言いたい放題のところもありましたけどね」

   堀尾正明アナ「この会見、政治家としては緩すぎます」

   カンニング竹山(タレント)「政治家は税金から給料をもらうのだから、一回辞めるべきだ」

   それが良識というものだ。放置しておく政党も後援会も少しおかしい。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中