ミュージカル・スターの主演は歓迎するが、山崎育三郎の演技まだまだ
〈あいの結婚相談所 第2回〉(テレビ朝日系)

印刷

   ミュージカル・スターの山崎育三郎を目立たせるドラマで、結婚相談所の所長である藍野真伍(山崎育三郎)は、会話をしている時に突然踊りだしたり、歌いだしたりするが、実は元動物行動学の准教授だ。ナイトドラマと銘打っているので、なんでもやっちゃう。入会金200万円というトンデモ相談所だが、成婚率100%なので客は来る。ハリウッド製ミュージカルの下手くそな真似だナ。
   保育園をマンションで開いている有希(釈由美子)がストーカーに追われていると訴えてきて、彼女を守ってあげられる人として奥崎を紹介する。助手のシスター・エリザベス(高梨臨)は杓子定規な性格で、奥崎こそストーカーではないかと疑う。すったもんだの挙句、奥崎は大好きな有希を守ろうとして後をつけていたということがわかる。他に加賀丈史や前田美波里などが加わってドタバタ。
   ジャニーズ系がのさばって、どの連ドラも見たようなジャニーズ顔が主演を務め、見ている方は毎度辟易している。ミュージカル界のスターや板の上の演劇人などが主演として採用されるのは、冒険だが歓迎する。山崎は先の「あなたのことはそれほど」にも出演していたし、色々と売り出し中。美男子ではないが、いわゆるイケメン・タレント顔でないところが普通で、使いやすいのかもしれない。ただし、歌は別として演技はまだまだの発展途上人である。夜中まで頑張って次回のドラマを見たいとは思えない程度の作品。
(放送2017年8月4日23時15分~)

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中