2018年 10月 16日 (火)

<志村の夜>(フジテレビ系)
何も考えず笑える「志村けん」の楽しさ満載!ちょっと下品にフジ女子アナいじり

印刷

   志村けんが定年間近の刑事に扮しお届けするホームコメディ。志村の娘役に丸高愛実、後輩にはダチョウ倶楽部の上島竜兵、行きつけの定食屋には肥後克広が登場する。後半の夜バージョンでは、定食屋が居酒屋になり、ゲストを招いて志村とトークを繰り広げる。 ちょっとお下品だけど分かりやすくて、何も考えずに笑える。昔ながらのお笑い、そんな印象だ。

丸高愛実のおバカ娘との絶妙なやりとり

   父親役の志村と、ちょっとおバカな娘・愛実とのコント。「囲碁」の本を愛実に見せ、タイトルの漢字を指さす志村が「なんて読む?」と問うと、「ぼき」と答える。「いごって読むんだ。しかも、俺は将棋の本を買ってこいって言ったのに、囲碁の本を買ってきてどうするんだ、まったく」

   コンタクトレンズを落として探しているミニスカートの美女の後ろで、パンチラ目当てに一緒に探すふりの志村と上島。鼻血ブーッの二人を見て逃げ出す美女。もうお約束どおりである。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中